Top > レイド

レイド(Raid)、レイド・ゾーン(Raid Lair)
HTML ConvertTime 0.058 sec.

レイドについて Edit

レイド(Raid)とは、最大6人のファイアチームを組んで挑む協力プレイミッション。
Destinyのエンドコンテンツの一つであり、迷わせるマップ構造、チーム連携がないと解けない複雑なギミック、強力なボス等、他のゲームモードとは一線を画する難易度を誇る。


レイドは主要な戦闘である「エンカウント」と、その合間を繋ぐアスレチックエリアからなる。
エンカウントは蘇生制限が課せられ、複雑なギミックや強制全滅がある難易度の高い戦闘を要求されるが、クリアするごとにそのレイド固有の装備が報酬として手に入る。
各エンカウントを攻略して報酬を手に入れつつステージの奥へと進んでいき、最終エンカウントであるラスボスに挑む、というのがレイドの大まかな構成である。
エンカウントの合間にあるアスレチックエリアも複雑な構造となっており、アスレチックが不慣れなプレイヤーは進むのも一苦労であることがしばしば。


亜種のコンテンツとして『レイド・ゾーン』がある。英名は「Raid Lair」であり、直訳すると「レイドの隠れ家」。
これは既存のレイド「リヴァイアサン」を拡張し、通常ルートとは異なる全く別ルートを探索するという内容となっており、ステージ内容は全くの別物である。
大型DLCで追加されたレイドが4つ以上のエンカウントを持つのに対し、レイド・ゾーンのエンカウント数は3つと、クリアまでのボリュームが小さいのもレイド・ゾーンの特徴。
同じくエンカウント数が3つの過去の惨劇悲哀の冠も、初期のロードマップではレイド・ゾーンとして告知されていた(既存のレイドの拡張でないことからレイドに改められた)。


クリアには何時間もかかる事があるため、途中離脱も可能。
その場合、ファイアチームのリーダーを変えない限りは、次の日や数日後に離脱した地点から再開することができる。
ただし、レイドのプログレスは毎週水曜日AM2:00にリセットされるので注意。


レイドの報酬は1キャラにつき週1回獲得できる。
この報酬の獲得状況も毎週水曜日AM2:00にリセットされる。


【アップデート情報】

日付パッチ内容
2020/6/102.9.0・以下のレイドエキゾチックのドロップ率が上昇。
無数の声
アナーキー
時間通り(「過去の惨劇」のシークレットクレートから出るエキゾチックスパロー)
注: ドロップ率は10%から始まり、20回クリアで最大50%まで上昇。

レイド、レイド・ゾーン一覧 Edit


Destinyコンテンツ保管庫入り

ガイド付きゲーム Edit

Destiny2より導入されたシステム。
主にソロで活動しているプレイヤーが、レイドのガイドを行ってくれるクランに出会えるシステムのこと。
ガイド付きゲームで参加できるのはノーマル難易度のレイドのみ(威光は対象外)


ガイド付きゲームで、ガイドを行ったクランには誓いの守護者のスコアが与えられる。

ガイドの条件 Edit

レイドのガイドとなるには以下の条件がある。

  • チームメンバーの3人以上が同一クランメンバーで構成されている事
  • アクティビティ開始時に提示されるキャラクターレベル、パワー数値等の条件を満たしている事。
  • アクティビティ開始時に提示される「ガーディアンの誓い」に同意する事。
  • クランリストに空きが存在する事(クランリストが満員だとアクティビティを開始できない)

同行者の条件 Edit

ガイドに連れられてレイドに行きたいプレイヤーは同行者として参加する事になる。
同行者として参加するには以下の条件がある。

  • アクティビティ開始時に提示されるキャラクターレベル、パワー数値等の条件を満たしている事。
  • アクティビティ開始時に提示される「ガーディアンの誓い」に同意する事。
  • ガイド付きゲームの同行者のパスを1つ以上所持している事(行く毎に消費される。シーズンが終わる毎に枚数は更新される)