Top > 歴史

歴史
HTML ConvertTime 0.091 sec.

Destinyの歴史はグリモアやフレーバーテキストなどの散在した不整合の多い情報から作られています。そのため、正確さには問題があります。

太陽系外の過去の動き Edit

  • ベックスの建造物
    あらゆる惑星にはベックスの建造物が埋め込まれている。過去に何かが行われた模様。
  • ハイヴの進化とトラベラーとの敵対
    地球ができる以前、邪神オリックスは虫の神と取引し現在の強力な力を得て種を今の形に進化させたが、体内の虫に餌を与えるために侵略し続けるようになる。
    トラベラーの加護を受けた種族もいくつか滅ぼしたがトラベラーには逃げられた。
    オリックスの子クロタが機械生命体ベックスを呼び込んでしまい、怒ったオリックスはクロタをベックス・ゲートに投げ込む。
  • エリクスニー(フォールン)の繁栄と破滅
    大いなる機械(トラベラー)の恩恵を得たエリクスニーは大きな繁栄を迎えたが、大災厄「大嵐」と内乱があり衰退、トラベラーは星系を去った。
    また詳細な情報はないが、大嵐の時にトラベラーの脱出を悟ったケル(指導者)チェルキスと、ハイヴ・オリックスが接触していると思われる。
  • カバル帝国の拡大
    カバルは異種族であろうが恭順すれば配下に引き入れており、特に優秀だったサイオンはカバルと共生関係を築いていた。

黄金時代 Edit

  • 人類とトラベラーの接触
    21世紀にトラベラーと人類が接触。トラベラーの恩恵で数世紀に渡って科学技術が発展した。またトラベラーは太陽系各地を周りテラフォーミングする。
    この時代にシルバー、エングラム、グリマーなどが発明される。
  • 火星の発明家ブレイ一族の誕生
    火星に一大都市が築かれ偉大な発明家クロビス・ブレイとその一族が偉大な発明を多く作った(機械の肉体を持つエクソ、戦略システムAI ラスプーチン、ナノマシンZIVAなど)。
    なお、模倣スリーパー、バルキリージャベリン、オーロラナイフはブレイではなくAIラスプーチンによる発明であり、緊急時はこれを用い人類を手駒とする計画を立てていた。
  • 金星の研究施設イシュタルアカデミーによるベックス研究
    キャンパス9など金星各地でベックスの遺跡が発見され、多くの科学者が金星に集まる。
    ベックスの派閥ヘゼンコレクティブの研究を経てベックスの並列世界を創造する能力の危険性を把握、ラスプーチンの協力を得て立ち向かおうとしたが一人を除き壊滅する。
  • ハイヴとの交戦、月への侵略
    オリックスの馬鹿息子クロタはゲートに捨てられた後過去に飛んでおり、その後はトラベラーを追いかけていた。
    太陽系に来て月に潜んでいた所に黄金時代の人類が初の接触をするが秘密裏に殺される。
  • アハンカーラの発生
    トラベラーと同時期からどんな姿にも変化し如何なる望みも叶える生物アハンカーラが姿を現している。

大崩壊 Edit

  • トラベラーの破損と沈黙、ゴーストの放出。
    ラスプーチンが太陽系外から来る未知の脅威(スカイショック)を探知し、全人類による防衛指令(カルラエ・ホワイト)を発令。たが交戦しても効果が無いと判断した。
    トラベラーは脅威接近時にイオを離脱し地球に移動したが、その後のトラベラー破損に至った経緯は不明。
    預言者はハイヴとの戦いから人類を救うため踏みとどまったと主張するが、真偽は定かではない。
    確かなのは、ピラミッド到着からわずか2日でトラベラーが陥落したことと、目撃者の門弟でもある「ネザレク」が関わっていること、そのピラミッドは現在月の地下にあること。
  • 全エクソの再起動と指令の消失
    原因および失われた指令の内容は不明。
  • アウォークンの誕生とリーフ建国
    大崩壊の影響で人類の一部がアウォークンに変化し、入り組んだ岸部に夢見る都市を建築する。
  • ゴーストによる不死者の誕生
    ゴーストは死体から不死者を作る。不死者は一様に生前の記憶を失い「光」を求めるようになる。
  • ベックスの惑星改造
    大崩壊と前後して遺跡が起動して惑星改造が始まり水星はあっという間に機械化された。トラベラーの力で停止する。
  • フォールンの襲来と略奪。
    彼らの襲来の目的は侵略ではなく大いなる機械(トラベラー)の加護を受けることだった。
    これが人類と敵対する略奪者となった経緯は不明だが、大崩壊直後に現れロンドンを焦土と化した。

暗黒時代 Edit

  • 飢餓と暴力の蔓延
    一部の不死者は専制君主(ウォーロード)となり暴君となった一方で一部の不死者は市民のため戦った。中には不死者でなくとも市民を守るために戦った英雄も語り継がれている。
    飢餓と暴力の被害は一般市民に限らず、孤独と苦痛で不死者達の心を蝕み今も傷跡を残している(夜中に叫ぶなど)。
  • 鉄の豪傑の結成、ガーディアンの誕生
    人類に仇為すウォーロードやフォールンを狩る者「鉄の豪傑」が結成され、トラベラーと人類の守護者「ガーディアン」を名乗る(グリモアではファクションウォー終結がガーディアン成立と主張するが、初めに名乗ったのは豪傑だともある)。ただ美談では終わらず彼らの戦いに多くのものが巻き込まれている。
  • 難民・ガーディアンの集合と初期シティの形成
    ガーディアンが増えた事でトラベラーを目印に人々を守る防衛体制が生まれ始める。この時点ですでに預言者はいた。
  • ファクション・ウォーの勃発
    ファクションは防衛を目的とするガーディアンの互助会だったが、思想対立からファクションウォーへと発展した。
  • 防衛の成功と防壁の構築、ファクション弱体化および民主主義への移行
    レジル・アジールの働きで敵対的異星人(フォールン)の撃退に成功、体面を失ったファクションは弱体化し、シティは市民の総意による統治へと移行する。ただしこの件ではフォールンは人類結束のために悪役に仕立てられたと言う批判もある。
  • 火星でカバルと人類の初接触
    報告はあったが、発見したガーディアンは死亡。
  • 火星でラスプーチンが自分諸共ハイヴを極冠に閉ざす
    月のハイヴとは別な来歴・指揮命令系統を持つハイヴが火星にいた。彼らの到着時期は不明。
    ラスプーチンは「オーロラの絶壁」を発動、テラフォーミングされ温暖だった火星の環境を強引に寒冷化しハイヴおよび自身のコアごと極冠を再凍結させた。
    詳細な時期は不明だが、トワイライトギャップの戦いよりも昔であることは確実。

シティー時代 Edit

  • シックスフロントの戦い
    シティ初の組織的な戦闘でフォールンと戦った。この戦いで多くの英雄が生まれた。
    鉄の豪傑らが大きな戦果を挙げた。一方、タイタンが防衛を組織化し4つのオーダーを結成して6つの防衛線を守り抜いた功績も大きい。
  • イコラがシャックスの尻を破壊する
    イコラがクルーシブルで25連勝しシャックスに勝利したガーディアンとして名を馳せる。
  • ZIVA事件
    鉄の豪傑がZIVA製造施設に侵入。ラスプーチンは防衛指令「オーロラ・レトロフレックス」を発動しZIVAで豪傑を殺害した。
  • バンガードの結成と初代司令官オシリスの解任
    鉄の豪傑が失われ、市民の総意の下バンガードが結成された。
    しかし初代司令官オシリスは暗黒の研究に資源を費やし防衛をおろそかにしたことですぐに解任される。
  • ザヴァラの司令官就任・イコラのバンガード就任とオシリスの追放
    オシリス解任後しばらくして追放、それと同時にバンガードの新体制が作られた。
    この時のハンターバンガードはケイド6ではなく彼の前任者アンダル・ブラスク
  • 偉大なる狩り(アハンカーラ狩り)
    アハンカーラは人の願いを叶え知識を与えた。しかしその願望の成就は歪んだ形で達成される。
    バンガードはアハンカーラを危険と判断し絶滅させる。
  • 大惨事
    バンガードによる月攻略失敗、クロタによる月面制圧、月からの人類完全撤退 (Destiny1 数百年前)
    暗黒時代末期以降、月のハイヴから地球への組織的な攻撃を受けており、バンガードは反攻作戦を実行し数千のガーディアンを月に送り込む。
    だが、クロタとナイトはバンガード軍を蹂躙し壊滅させ月を完全制圧する。人類は月を封鎖しハイヴを封印、クロタは月に要塞を築き、父オリックスを呼ぶ。
  • トワイライトギャップの戦い
    シティ最大の戦闘で、デビルズを主力とするフォールン連合軍と戦った。また人類とカバルとの初交戦が行われた。
    一時は指揮官サラディンがシティからの撤退を命ずるほど追い込まれたが、シャックスが命令を無視して防壁を守り抜いたことで窮地を脱する。
    デビルズはケルを失い弱体化、有力だったウルヴズもリーフに敗北してリーフ傘下に収まる。
    人類側は甚大な被害を受け、これが後の戦力強化につながる(シャックスによるクルーシブルの強化、ギャラルホルンの開発)。
    また預言者は最強と名高いセイント14にオシリス討伐指令を下す。

Destiny1時代 Edit

  • 地球のデビルズの崩壊と通信施設の起動
    ガーディアンはデビルズのアルコンを倒し、プライムサービターであるセピックスを破壊、さらに弱体化させる。
    またラスプーチンの通信施設ラスト・アレイを起動し通信を回復させる。
  • 月の封印解除と夜の間の儀式の阻止
    地球に再びハイヴシード(船)が来たことが判明し、数世紀ぶりに封印を解除し月の探索を再開する。
    ガーディアンはトラベラーの破片を用いたハイヴの儀式を阻止する。
  • 金星・イシュタルアカデミーの探索と、ウィンターの崩壊
    ガーディアンは「謎の人物」の導きでベックスと交戦、ブラックガーデン制圧を依頼される
    またフォールン・ハウスオブウィンターのケルを暗殺し組織を弱体化する。
  • リーフとの取引、火星・ブラックガーデンとガラスの間の制圧
    ガーディアンは時から隔離されたベックスの最重要拠点ブラックガーデンを制圧し、火星に座標を固定する。
    その際、リーフの女王マラからブラックガーデンの入り方を教わり借りを作る。
    また、ベックスの合流点システム(時空超越)の中核・アテオンとガラスの間を制圧する。
  • クロタの復活
    クロタは大惨事では肉体と魂を分離することで不死身となっていた。
    クロタの副官オムニガルは地球に進出してクロタ復活の儀式を行うが、ガーディアンがそれを阻止した。
    さらにガーディアンは魂を封じたクリスタルを破壊し、ヘルマウス深部の玉座の間に攻め入り完全に殺す事に成功する
  • リーフでのウルヴズの反乱
    リーフ傘下のウルヴズがエルダーズプリズンで一斉蜂起しリーフは大きな被害を被った。
    ケル王スコラス率いるウルヴズはウィンター残兵を吸収・ガラスの間の技術を盗み出し勢力を拡大する。
    これに対しリーフの女王マラはブラックガーデンの件で貸しのあるガーディアンをリーフに召集、宝を与えウルヴズ狩りを命じる。
    これによりウルヴズは壊滅状態になり(のちにスコーンに皆殺しにされる)、スコラスはエルダーズプリズンに再び収監され死亡。
  • オリックスの襲撃
    クロタの呼びかけに応じたオリックスが母艦ドレッドノートに乗り太陽系に出現。
    太陽系の各地を宿りの汚染で蹂躙し、かつてない規模の侵略を行った。
    ガーディアンはドレッドノートに忍び込み、亜空間にいたオリックス本体の暗殺に成功、
    その後玉座の間に攻め入り完全に殺すことに成功する。
    また、オリックスに対抗するためドレッドノートに攻め入ったカバルは将校を失い本国に救援を求める。
  • デビルズ・スプライサーのZIVA発掘
    鉄の豪傑が壊滅したZIVA事件の場所・ZIVA製造施設をデビルズが発見し、自らを機械化し神そのものになろうとする。
    ガーディアンはZIVA製造施設を破壊し、スプライサーを治めるアルコン・アクシスを抹殺する。

Destiny2 1年目 Edit

  • カバル大戦
    カバル帝国を治めるドミヌス・ガウルがシティを奇襲し占拠、トラベラーとゴーストの接続を断つ。
    ガーディアンたちは光を失い無力となったが、ただ一人主人公だけがトラベラーの破片に触れ光を取り戻す。
    各地に逃げ散ったガーディアンたちは再び集結し、太陽破壊兵器オールマイティを停止させ、シティ奪還作戦でガウルの暗殺に成功する。
    その後かつてカバル帝国を追放されたカルス皇帝が太陽系に現れ、ガウルを殺したガーディアンを大変気に入り協力的な態度を見せる。
  • オシリスの呪い
    暗黒研究に傾倒し追放された元バンガード司令官オシリスのゴーストが発見され、オシリスが水星で窮地に陥っていると判明する。
    主人公はその追跡の最中にオシリスが研究していた「ベックスによる暗黒の未来の到来」が迫っていると知り
    オシリスと協力して根源である水星のベックス施設「無限の森」の中枢であるパノプテースを破壊する。
    また、オシリス暗殺命令を受け追っていたセイント14は無限の森に閉じ込められ戦死していたことが判明する。
  • ウォーマインド
    火星の極冠が溶け、行方不明だったラスプーチンのコアと共に周辺のハイヴが発見された。
    主人公は、ガーディアンであり元ラスプーチンの設計者でもあるアナ・ブレイと協力し
    死者復活の禁呪を使い追放されたハイヴの異端者ノクリスと、彼を支援する虫の神ソルからラスプーチンを守り抜く。
    その後ソルは膨大な死をもたらす餌場(つまり主人公)に鞍替え、見捨てられたノクリスはソルに再び会うため儀式でガーディアンをおびき寄せた(がサバスンに囚われた)。

Destiny2 2年目「孤独と影」 Edit

無法者のシーズン Edit

リーフにある囚人収容施設「エルダーズ・プリズン」で囚人の脱獄事件が発生し、この事件の中で脱獄の手引きをした主犯「ユルドレン・ソヴ」によってケイド6が殺害されてしまう。
主人公はケイドの仇を討つため単身ユルドレンを追い、仇討ちを果たすが、その中でアウォークンの生誕の地である「夢見る都市」の異変に遭遇する。
異変の原因はアハンカーラ(願望を叶える生物)の最後の生き残り、夢見る都市を建造した「リベン」が、オリックスに宿りで汚染されたことだった。
ガーディアン達は協力してリベンを倒すことに成功するが、リベンの「最後の望み」により、夢見る都市は「三週間ごとに同じ事象が繰り返される」呪いを受ける。
そして、始まりであるユルドレンの蛮行含め、これらの全てはサバスンの策略であることが後に判明し、サバスンは膨大な虫の餌(死)を手に入れた。

錬成のシーズン Edit

黄金時代の武器工房「ブラックアーマリー」の生き残りにして管理者であるエイダ-1がタワーに訪れる。
最初はガーディアンを毛嫌いする彼女だったが、主人公達が失われたブラックアーマリーの炉と彼女の記憶を取り戻していくことで徐々に信頼するようになる。
エルダーズプリズンから逃走したシビクス一派が、ブラックアーマリーの黄金時代の武器を狙って武器庫を襲撃する事件が起こるが、ガーディアンに阻止された。

放浪者のシーズン Edit

ザヴァラは放浪者が持つ宿りを操る力を「シティ防衛に役立つ」と黙認したが、暗黒の力の排除を絶対とするファクション・プラクシック機関の代表「オノール」が異議を唱え、放浪者のシティ追放を求めた。
バンガードと機関との交渉の結果、周囲への影響を最小限にし、かつ、監視をしやすくするために放浪者に別館のスペースを貸し出すことを許可した。
ここでオノールは放浪者と親しい者(主人公)に、放浪者との関係はそのままに、彼の行動を監視するというスパイ行為を要請した。
主人公はプライムギャンビットに興じる一方で、放浪者の船に接続された「ナイン」からの贈り物=デレリクトの内部で、ナインの使者の過去と放浪者の過去について知る。
最終的に放浪者が暗黒の信奉者どころか、その敵対者(光であれ暗黒であれ盲信する者を嫌う)と分かり、オノールは放浪者と和解した。

絢爛のシーズン Edit

カルス皇帝は主人公を精鋭部隊「影」に引き入れるため、試練と栄光の広間(財宝)を与え積極的な勧誘を試みた。
だが、その最中にカルス皇帝がサバスン配下から奪った「悲哀の冠」に仕掛けられた罠が発動、ハイヴに侵略され主人公が鎮圧に駆り出される。

Destiny2 3年目「影の砦」 Edit

ピラミッドが月の地下で発見され、月を中心に太陽系各地にナイトメアと呼ばれる恐怖を具現化した存在が現れる。
そのピラミッドの力を用いて月のハイヴが勢力を再建しようとしていることが判明し主人公が阻止。
ピラミッドは主人公に接触し「光は弱さと敗北しかもたらさず何も救えない。私は救済者だ」と伝えブラックガーデンの最深部に導き自分たちとベックスの関係を明かす。

不死のシーズン Edit

ピラミッドの活性化に呼応しブラックガーデンを守護するアンダイイングマインドが復活、倒しても倒しても並行世界から召喚される厄介な事態に陥る。
イコラは「並行世界からアンダイイングマインドを引きずり出し、全て破壊する」を提案、ガーディアン総出で全てのアンダイイングマインドを破壊する。

暁旦のシーズン Edit

かつてオシリスは無限の森を捜索する装置「サンダイアル」を作り、セイント14を蘇らせようとしたが失敗し装置は放置された。
それをレッドリージョン残党が手に入れ歴史改竄(カバル大戦の結果の変更)を試みた。主人公はそれを阻止し、さらに過去のセイント14を発見し救出に成功する。


その時無限の森の深部で主人公の葬儀に出くわす。これは起こりうる未来なのか、並行宇宙での出来事なのか。

名士のシーズン Edit

レッドリージョン残党は超大型兵器オールマイティの軌道をシティに向け推進装置を破壊した。
これを止めるためラスプーチンの防衛衛星を打ち上げその防衛ネットワークを強化しオールマイティ迎撃に成功した。
この行動がきっかけでザヴァラ司令官はラスプーチンに対する考えを改め、共に戦う仲間として受け入れる事となった。
シーズンの終わりに熾天使の塹壕のモニターに暗黒の艦隊が表示された。

到来のシーズン Edit

黒い艦隊(ピラミッド)が太陽系に接近し、ラスプーチンが迎撃を試みたが反撃され大破した。
トラベラーが作ったと言われる「銀の翼の木*1」を通じピラミッドが人類に語りかけ、人類に敵意がないこと、ガーディアンに好感を持っていること、トラベラーの加護を人類の弱体化・束縛・孤立だと考えていること、『捕食者』が迫っていることなどを伝えた。
その過程で、サバスンが甥のノクリスを使い対話を妨害しようとしたが、失敗しノクリスは戦死した。


黒い艦隊到着時に様々な変化が起きた。

  • 火星、水星、イオ、タイタンが消え、そこには特異点(アノマリー)が残った。
  • カルス皇帝が太陽系から姿を消した
  • 大崩壊で壊れていたトラベラーが修復された

Destiny2 4年目「光の超越」 Edit

主人公は暗黒(ピラミッド)の「エウロパで待っている」という呼び掛けに応じて、エウロパに降り立つ。
そこで、トラベラー(光)を憎み、暗黒の力を崇拝するフォールン・ハウス「ハウス・オブ・サルベーション」と対峙する。
暗黒の力=ステイシスを利用する暗黒のケル「エラミス」の野望を止めるための戦いの中で、主人公自身もステイシスの力を理解し、行使できるようになる。
最終的に主人公たちはエラミスに勝利し、ハウスは壊滅状態となった。

しかし、サルベーションの残党がエウロパにあるエクソ研究施設 ディープストーン・クリプトを占拠して力を得ようとし、施設は機密保持のために自爆を開始。主人公が両方を阻止した。

斬獲のシーズン Edit

ゴーストに見出されたユルドレンはガーディアン・クロウとして蘇ったが、ガーディアン化の影響で記憶を失い彷徨っていた所をスパイダーに拾われ、彼の下で働いていた。
月でクロウは、ハイヴの戦神シヴ・アラスの配下ラスボーンに敗れ光を失ったオシリスを救出。
その後は主人公やオシリスと協力しラスボーンの上級司祭を討伐した。
主人公はラスボーン排除の報酬としてクロウの身柄を貰い受け、オシリスはバンガード参謀となりクロウを極秘に保護した。


クロウは光の鷹の夢に導かれホークムーンを授かるなど、トラベラーから別格の扱いを受けているようだ。

選士のシーズン Edit

カバルはサバスンの計略でシヴ・アラスに侵攻され母星トロバトルを失った。その難民船団が太陽系に現れ、女帝カイアトルはバンガードにカバルによる支配的な共闘を提案した。
交渉は決裂し一時戦闘状態になったが、オシリスの提案・カイアトルの戦闘回避の意志もあり、カバル伝統に則った決闘で和解し対等な停戦協定を結んだ。


停戦調停の場でザヴァラ暗殺を試みたサイオンがいた。その犯人の1人はその場でカイアトルが叩き伏せたものの、もう1人は逃走した。
またカルス皇帝の船が発見された。無人となっていたが暗黒との対話を実験した痕跡があった。

永夜のシーズン Edit

シティがベックスネットワークに侵食され永遠の夜に閉ざされた。オシリスの提案でバンガードはフォールン、ハウス・オブ・ライトと協力しこれに対処、
背後にサバスンがいると突き止め、サバスンが宿られた兵とベックスを操るため使っている手段(宿られたハイドラ・キュリア)の破壊に成功した。
しかし人類とフォールンの敵対は根深く、過去の遺恨を知るFWC(ファクション)代表のラクシュミIIが協力に強く反発、シティ住民を煽動しさらにオシリスから教わった「安全な」ベックスゲート技術を使ってフォールン追放を試みた。
…がゲートからベックスが出現しラクシュミを殺害、オシリスは破壊工作の嫌疑がかけられ逃走、事件の首謀者が死んだ事でFWCは壊滅、バンガードのあり方に反対していたファクション(デッドオービットとニューモナーキー)は安住の地を求めシティから消え去った。

彷徨のシーズン Edit

斬獲のシーズンから今シーズンまで、オシリスはずっとサバスンが化けていたと判明した(そしてフォールン・カバル・人類の結束を促す一方で、キュリア破壊に反対、カルスの船からの悲哀の冠の回収を提案するなどしていた)。
サバスンはオシリス返還の条件として虫の除去(虫による支配からの脱却)を望み、リーフの女王マラ・ソヴは除去への協力をしつつ虫を失った瞬間に抹殺すること企んだ。
一方クロウは自分を救ってくれたオシリスが謀略の神サバスンであったことに困惑、更にサバスンがクロウに生前ユルドレン・ソヴとして生きていた頃の記憶(ケイド殺害等)を与えたため、クロウはさらなる混乱に陥る。
最終的に、シヴ・アラスの妨害を退けてサバスンから虫を除去することに成功するも、儀式が終了した瞬間にサバスンは逃亡する。唯一、オシリスの返還という約束だけは守られる。

Destiny2 5年目「漆黒の女王」 Edit

「到来のシーズン」の終わりに消滅した火星が突如姿を現し、その上空にサバスンの玉座の世界が現れた。
サバスン配下のルーセント・ハイヴが光の力を得ていることが分かり、主人公とイコラは「盗まれた光」の調査に向かった。
その玉座の世界は暗黒の力の一面「過去の記憶を見る力(ディープサイト)」を顕現させており、
そこで手に入れたレリックを通じてサバスンがどの様にして光の力を手に入れたのかを調べ上げた。


しかし、その調査を行う事それ自体がサバスンの策略だった。サバスンはトラベラーに尽くして命を落としガーディアンとして蘇ったことで記憶を失っていた。
主人公がサバスンの過去を調べたことでサバスンは記憶を取り戻し、トラベラーを自分の玉座の世界に封じ込める儀式を始めた。
主人公はサバスンに「暗黒が、ハイヴが光の眷属となる前に暗黒を受け入れるよう虫を通じて騙していた」という隠された真実を突きつけたが、サバスンをこれを受け入れず、主人公に討ち取られそのゴースト「イマル」は逃走した。
儀式も失敗しトラベラーはタワー上空に戻ったが、トラベラーがサバスンの儀式による暗黒からの保護を受け入れようとしたのか、人類に代わるガーディアンとしてハイヴを選んだのか、その真意は解らないままとなった。
いずれにせよ光は人類だけの絶対の味方ではないことを知らしめることなった。


そして、宿られた軍、ハイヴの戦神シヴ・アラス、失踪したカバル皇帝カルス、再び統率されたスコーン軍の背後にいる謎の存在『目撃者』が動き始めた。

甦生のシーズン Edit

バンガードとカバルは選士のシーズンで結んだ協定により、サバスンの配下であるルーセント・ハイヴの計画の阻止のため協力することとなった。
これにより執られた作戦とは、カバルが持つ光の抑制技術と精神干渉を行うサイオニック能力によって、ルーセント・ハイヴを捕らえ、その精神からハイヴの計画の情報を得るというものだった。
サバスンがオシリスに化けてバンガードに侵入して精神干渉を行っていた経緯もあったため、バンガードも精神を操る作戦を容認するが、新たにバンガードの偵察員となったクロウはこの作戦を受け入れられずにいた。
クロウは敵とは言え精神を捻じ曲げる行為を受け入れられず、バンガードを非難するが、サラディン卿は「慈悲とは犠牲の上に成り立つものではない」とクロウを𠮟責する。
そのような中、作戦の終盤において事件が起こる。
クロウはカバル帝国から派遣されたサイオンとルーセント・ハイヴの精神を繋ぐ装置を強制的に停止してしまい、その結果、派遣されたサイオンが死亡してしまった。
カバルの女帝「カイアトル」はクロウの行いに責任を取らせようとするが、そこにサラディン卿が割って入り、サラディン卿がカバル帝国に身を捧げることでクロウの責任を代わりに受ける事となった。
サラディン卿は「ブラカス・フォージ」(後に昇進して「バルス・フォージ」)となり、バンガードとカバル帝国の協力関係は維持され、クロウも自身の行いを反省した。


また、カイアトルからの要請により火星に集結したカバルが謎の通信を行っているのを阻止することとなった。
行っていた通信の履歴からは、リヴァイアサンのカルス皇帝と暗黒が繋がっている事を示唆する内容が読み取れた。

幻影のシーズン Edit

行方不明となっていたカルス皇帝と彼の母艦リヴァイアサンが再び姿を表し、月のピラミッドへの干渉を始めた。
ナイトメアは本来ピラミッドへの接近を拒む防衛装置であり月から離れないはずであるが、リヴァイアサンに大量のナイトメアが現れるという異常事態が起こった。
その目的は不明だが、対ハイヴの専門家エリス・モーンはリヴァイアサンとピラミッドの繋がりを断ち干渉を止めるため悲哀の冠を用いハイヴの儀式を執り行う。
その儀式は己のナイトメア=心の弱点と向き合いナイトメアを浄化するものだった。
クロウ・ザヴァラ・カイアトルはそれぞれが己の弱点から生まれたナイトメアと向き合い、弱点を認め受け入れることでそれを克服し新たな力とした。
そして浄化されたナイトメアたちの協力を得てリヴァイアサン深部でカルス皇帝を打ち倒すことに成功した。
…がカルス皇帝は死んでおらず主人公にメッセージを送ってきた。それどころか妨害工作にほぼ無反応であったことから彼は望んだ成果を得た可能性すらある。

宙賊のシーズン Edit

目撃者がエラミスを蘇らせ、何かを探させようとしている。
主人公はスパイダーから脅し盗…借りたケッチを使い、エラミスを阻止するため彼女の手下を襲って情報を奪い暗黒のアーティファクト「ネザレクの聖櫃」を全て横取りした。
そして聖櫃から取り出した「純粋な原初の暗黒」で意識不明となっていたオシリスが目覚めた。オシリスはサバスンに囚われている間にサヴァスンの記憶を覗いており海王星に何かがあると主張する。
一方でエラミスはミスラックスの娘エイドの融和的な姿勢を見て対話に応じたり、身を挺してエイドを守ろうとしたりと、トラベラーに与する者を拒絶し敵視する態度にゆらぎが見えた。

熾天使のシーズン Edit

意識を取り戻したオシリスは「海王星に力が隠されている」と言うサバスンの記憶を盗み見ていた。
その情報を得るため、アナとエルシーは設計者であるクロビスの協力を得てラスプーチン復元を試みるが、
修復の進んだラスプーチンはクロビスの邪悪な企み(トラベラーを破壊し自分が神になる)をアナとエルシーに明かしクロビスを追い出す。


ラスプーチンの復元は進むが、それと同時に目撃者の手先であるシヴ・アラスとエラミスによる防衛ネットワーク奪取も進む。
「戦争するほど強くなる」シヴ・アラスへの防衛ネットワークでの迎撃は逆効果であり、防衛ネットワークを奪われれば人類は滅ぶ。
「自分は人類のリスクにしかならない」と思い悩んだラスプーチンは、防衛ネットワークもろとも自滅することを決断する。


物語の終盤、トラベラーが移動を開始→それをエラミスが逃走と判断し防衛ネットワークを支配する事でトラベラーに忌まわしき指令を実行→トラベラーは破壊され人類は莫大な被害を被る→そしてその戦争によってシヴ・アラスは強大な力を得る…といった流れが生まれかけた。
実際、暗黒の動きを察知したトラベラーが移動を開始し、それに対しエラミスが実行した「忌まわしき指令」によってトラベラーの離脱を防ぐ為に軍事衛星がトラベラーに対し発砲寸前まで行ったものの、ラスプーチンの自滅でそれらは停止し、シヴ・アラスの軍勢も引く事となった。
ラスプーチンはガーディアンに残した遺言で海王星に「トラベラーに関連する因果超越したもの『ベイル』がある」と伝えオシリスにその詳細を残した。


結果としてトラベラーは高度を上げシティを離れ地球からは離脱しなかったが理由は分からず、人類はトラベラーに行動に対する不安や終焉への恐怖を抱いた。
この行動を目撃者は「逃げる場所などないからだ*2」と解釈しているが、ザヴァラは「(目撃者との)対決のため移動した*3」と解釈し、意見が割れている。

Destiny2 6年目「光の終焉」 Edit

 ネタバレ防止のため折りたたみ

抗戦のシーズン Edit

暗黒の艦隊を迎え撃つため出撃したアマンダ・ホリデイは戦闘機を撃墜され行方不明となった。
彼女の救難信号の発信源はピラミッド内部、影の軍団が地球で拉致した人々を集めている監獄だった。
拉致を知ったアウォークンの女王マラは主人公らに「女王の近衛」の称号を授け人々の救助を命じる。
マラの力を使って亜空間内にピラミッドの入口を作り、そこから主人公が突入して監獄から囚人たちを開放していった。


拉致した囚人を集めている基地が判明し、主人公・アマンダ・ミスラックスが救出に向かう。
だが、それは罠だった。
出口が閉まり時限爆弾が起動、アマンダは扉を開いてミスラックスと囚人を逃し犠牲となった。
アマンダと親しい仲だった者たちは彼女の死を悲しみ復讐を望む声もあったが、マラの説得もありアマンダは報復よりも人助けを望むと言う結論に至り、影の軍団の旗艦の襲撃を計画する。
本来亜空間の道(レイライン)は力ある者しか通れないが、規格外に強い力を持つ主人公であれば他の者も辿れるほど強い航跡を残す。
これを利用して旗艦への総攻撃が行われ、士官を殺し動力炉を破壊して艦を撃沈した。

深淵のシーズン Edit

暗黒の艦隊の到来時に消失した土星の衛星タイタンが突如復活し、衛星消失時に行方不明となったタイタンバンガード副司令官スロアンも生き残っていた。
衛星タイタンはシヴ・アラスの攻撃を受けていたが、スロアンは深海でワーム(ハイヴの虫の神が暗黒を得て変貌する前の種族)の「アーサ(Ahsa)」に救われ、自ら体の一部を宿りで汚染しアーサと対話し協力を得ることで生き残っていた。
そして、ナインが放浪者に与えた機械と暗黒(エグレゴア珊瑚)により具体的なアーサとの会話が可能となると目撃者の正体が明らかになる。


トラベラーが最初に恩恵を与えた種族は長年繁栄した。だがトラベラーは繁栄を与えても導かない。それに不満を持った彼らは大儀を求め始めた。
その後、彼らは宇宙の果てで暗黒の源「ベイル」を発見し、トラベラーとベイルを接近させ現実を再構築する力を得ようとした。
だがトラベラーはベイルとの接触を拒否して逃走。それにより、種族は衰退・滅亡した。
その後、種族の生き残りは達は暗黒の力で精神を一つに融合し「目撃者」となり、自らが考える宇宙の「最終形態」をもたらそうとしている。
アーサは目撃者に対抗する鍵が「サバスン」であるとし彼女から協力を得ることを提案する。


また、タイタンの深海ではルーセント・ハイヴが邪神オリックスの儀式を試みていてたが阻止された。

魔術のシーズン Edit

バンガードは目撃者を追う方法を求めサバスンのゴースト・イマルと取引をする。その交換条件はシヴ・アラス抹殺だった。


戦争から力を得るシヴを倒すには相当に大きな力が必要となる。エリス・モーンがハイヴの魔術で復讐を司るハイヴ神へと変貌、主人公が配下として敵を狩り主(エリス)の神性を高めることでシヴを滅するだけの力を得ようとした。
だが力を得ることは出来てもこれではシヴには到底及ばない…
それを悟ったエリスは大博打に出る。エリスはイマルを脅迫してサバスンを蘇生させその場でサバスンを殺すことでその神性を奪い最強のハイヴ神となった。
周りはエリスが力の誘惑に敗れることを危惧していた…が敗れるどころかシヴと戦いすらせず、シヴとその玉座の世界の接続を断つため全ての力を使い果たした。
この奇策により、シヴ・アラスは新たな妹(ハイヴ神エリス)・戦争から力を得る機会・不死性を失い、エリスはハイヴ神から人間へと戻った。アイアット。


その影響でバンガードはサバスンに契約を守らせる手段を失い窮地に陥る。
しかし、サバスンはそれを承知で自ら進んで自身の最大の弱点であるイマルをバンガードに差し出し、さらに契約もいずれ果たすと宣言。バンガードはサバスンの行動の自由を黙認した。
その後サバスンが既に契約を果たした事が判明する。サバスンの羽にはアハンカーラの「願いの防壁」の模様が現れ、さらにガーディアンはアハンカーラの卵を発見・回収する。
アハンカーラは他者の願望を(歪んだ形で)叶える強大で危険な力を持ち、その幼体は災厄をもたらすと言う。

望みのシーズン Edit

サバスンから入手した手がかりに基づき、バンガードはマラ女王と協力し、一度は討伐したアハンカーラ「リベン」を復活させる儀式を行うこととなった。
リベンは「最後の望み」で一度は討伐されハートストーンを封印されたが、魂は完全には消滅しておらず、テクナウィッチの儀式で魂だけの姿で蘇ることができた。
リベンの魂は弱体化しているものの、あと1回は願いを叶える力は残されていた。
そこでリベンは、自身の残されたアハンカーラの卵を全て回収すれば、願いを叶える取引を持ち掛ける。
バンガードとマラ女王は、アハンカーラが再び繫栄するリスクがあることを知りつつも、他に目撃者を追う方法がなかったため、この取引に応じることとなった。
その後、ガーディアン達は、ソル・ディバイシブ・ベックスの妨害を受けつつも、アハンカーラの卵を回収し続けた。
そして、回収する卵が終わりに近づいた時、リベンから最後の願いの叶え方の詳細が明かされる。
リベンが叶えるトラベラーのペイルハートに続く道は「一人しか通れない」というものであった。
マラ女王は激怒してリベンの魂を攻撃しそうになるが、オシリスがこれを制止。
オシリスはベイルの研究を続けており、その力を使うことで、一人が通れば、残った人々のためのドアを開けると考えた。
その話を聞いたクロウはガーディアンの代わりに、一人ペイルハートへ向かう要員に志願する。
クロウとマラはレイラインを通じて互いに繋がっており、この能力を使えば、クロウが通過すれば残りのガーディアンを送り込める。


そして、「第15番目の願い」を実行し、クロウは単身ペイルハートへの道へと飛び込んだ。
ペイルハートに到着したクロウは、そこで死んだはずのケイド6と再会した。

Destiny2 7年目「最終形態」 Edit

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 勉強になるわ。1の時からゲーム中で断片的に語られていた出来事をまとめていくとこんな感じになるのか。お疲れ様です。このまま歴史から1の冒頭、そして現在までの流れもできたら完璧だが、いまいち1のストーリーが思い出せない…。コスモドロームで甦生されてからデビルズと戦い、ハイヴとも遭遇。ハイヴを追ってたどり着いた月で謎のエクソと邂逅。トラベラー覚醒のためにトラベラーを蝕む暗黒を探してリーフを訪ねると、条件として金星のゲートロード討伐を命じられる。討伐を成功させ火星へ行き、そこからブラックガーデンへ侵攻。暗黒の変異体を打ち倒し、トラベラーを目覚めさせる。かなりうろ覚えだけど本編の流れはこんな感じだったような気がする。 -- 2019-08-23 (金) 20:07:12
    • 訂正すると、ハイヴが地球で発見されたことで月封鎖が失敗した判明、人類としては数世紀ぶりに月を調べに行ったらトラベラーを蝕む儀式をしていたんで邪魔してトラベラーの破片を奪い返す、そのさい月で謎の人と出会い金星にいくよう依頼され、言われたまま金星にホイホイいったらベックスに囲まれひどい目に。全部倒した所を見計らって謎人がおっとり刀駆けつけてきてブラックガーデンを制圧しろと言い出す(その前にお前タイムトラベラーなら遅刻するな5分早く助けにこいや)。そんな行き方わからんわ…ということでリーフに質問に行った、じゃないかと -- 2019-08-23 (Fri) 20:38:44
  • destinypediaでも指摘されてるがあまり縦に解釈しすぎると矛盾が生じる。シティ発足とウォーロードの時代は前後の関係ではなく同じ時代の別の場所で起こった出来事であるとみたほうがいいかもしれない。 -- 2019-08-23 (金) 20:52:13
  • ほんまデスティニーのストーリーは奥が深いんやなって -- 2019-10-13 (日) 21:51:40
  • イコラがシャックス卿の、その、お尻をぶっ壊したってとこなんだけど、イコラがシャックス卿に勝った唯一のって書いてあるやつだけどさ、ケイドも勝ってなかったっけ?あの、ライフリミットで手に入る防具なのかな、クルーシブルの、武勇ランクじゃ手に入らない方の防具(僕持ってないんよね・・・)のクラスアーマーの伝承で、シャックスがシティの子供達に、ボールを使った競技の訓練をすることになるやつ・・・いや、あれってもしかして、ラッキーズボンの伝承的に、そういうことなの・・・?あぁ、ケイド・・・ -- 2020-04-28 (火) 06:03:39
    • これね、ソースを探したけど出所不明なので一旦消した。 -- 2020-07-01 (水) 17:24:58
    • ケイドがシティのターミナルで色々検索するグリモアにあるようにクルーシブルの歴史上で「正々堂々と」シャックスを倒したのはイコラのみ。シャックスはケイドの勝利をイカサマと断定して公式な勝利とは認めてない。なお正々堂々シャックスのケツを粉砕したイコラをクルーシブル出禁にしていたり、GGを発動したケイドに正面から向かって言って負けた癖にイカサマ扱いするなど、シャックスはプライドが高く、横柄な井の中の蛙として描かれている。 -- 2020-07-01 (水) 20:59:15
      • ケイドは正々堂々勝ったと主張するが納得行せずって感じにも …どちらにせよシャックスは超小物だな -- 2020-07-01 (水) 21:32:23
      • イコラの出禁は別にシャックスだけの問題じゃないでしょ -- 2020-07-02 (木) 12:42:46
      • イコラ出禁は強すぎてゲームが成立しないからだろうな。いわゆる殿堂入りってヤツだよ。 -- 2020-07-22 (水) 12:50:11
      • イコラさん、ほぼクールタイム無しで気軽にノヴァ連発するような人だから一人だけカオスしてる状態だったんかね… そんな人がインベクティブ要るん? -- 2020-07-23 (木) 17:33:33
  • ご苦労様です。最近改めてD1をおさらいしていて、かなり参考になりました。ところで、イシュタルコレクティブというのは、金星に集まった科学者達、及びそのプロジェクトの総称だと自分は解釈したのですが。 -- 2020-10-03 (土) 15:56:11
    • そうだな イシュタルコレクティブはベックスの派閥ではない ヘゼンコレクティブと混同しているのだろうか しかし文脈的には本来のイシュタルコレクティブの意味で書いているように思える 間の言葉が抜けた可能性 修正が必要か -- 2020-10-04 (日) 03:08:07
    • 直した。イシュタルシンク=金星の地域名、イシュタルコレクティブ=ベックス研究をしていた企業、イシュタルアカデミー=コレクティブ内の研究機関って理解であっているのだろうか。 -- 2020-10-04 (日) 16:03:02
      • ご苦労様です。そんな感じでいいと思います。少なくとも自分の解釈とは合っています。 -- 木主? 2020-10-04 (日) 23:18:43
  • お疲れ様です参考になります (^^) -- 2021-06-12 (土) 17:36:39
  • 光の超越がフリープレイに来たけど、影の砦やってないから分からぬって事にはならないのだろうか -- 2023-02-09 (木) 13:11:26
    • 光の超越の背景は蠱毒蜥蜴あたりが一番重要だと思う。人物や背景が分からなくても、話としては何となく理解可能なように作られてはいるけど。 -- 2023-02-09 (木) 21:23:47
  • 「暗黒が行動を開始する事で」とか「マッチポンプ計画」ってそんな話だったっけ?ゲーム中だと明確に語られていないと思うが。 -- 2023-02-20 (月) 09:54:50
    • エラミスのモニターに目撃者が出てた事や指示で動いてた事、ラスプーチンがトラベラーの破壊による行動でシヴが力を得る事を述べてた事、最後に暗黒が大群引き連れて侵攻を開始してた事実関係としてそういう目的と流れがあったとして書いたんだけど明記し過ぎたかね -- 2023-02-20 (月) 10:10:31
      • エラミスは手動スイッチで攻撃を起動したから離脱が起動条件ではないように見える、エラミスはモニタの目撃者の姿に気が付いて後ろを確認した=目撃者に見張られていると思っていなかった、木星軌道上に暗黒の艦隊がいるのは到来のシーズン以来ずっとそのまま、だと思う。動画から読み取るのは人によって解釈がブレるから難しいのよね… -- 2023-02-20 (月) 10:21:03
      • 離脱が起動条件ではないのはそうなんだけど、離脱を引き起こしてエラミスにスイッチを押させる動機づけが目撃者による行動じゃないとなんでトラベラーが突然動き出したかが謎になるのよね…最後の戦いのラスボスがシヴ配下のハイヴだったから流れ的にはマッチポンプで間違いないはずなんだけど。次のシーズンでカルスが攻めて来て地上に暗黒が降りてくるのは確定してるし。とはいえ書きすぎたから少し書き直して抑えめにしといた -- 2023-02-20 (月) 10:30:21
      • いやごめん起動条件はやっぱりトラベラーの離脱だと思うわ、O評価の後スカイショック判定出して、そのあとミッドナイトエクシジェントを発動して人類保護を無視した計画を実行しようとしてるからトラベラーが離脱状態になってあらゆる保護を無視したモードになるのが条件じゃねかな、だからトラベラーを離脱させないとエラミスに二重の意味でスイッチを押させる事が出来ない -- 2023-02-20 (月) 10:50:36
      • 推測の域を出ていないと言う点もあるけど、「忌まわしき指令」は離脱無関係なクロビスが神になる企みでも名が出ていたと思う(うろ覚えだけど)。あとスカイショックは敵対的太陽系外存在の到着、ミッドナイトエクシジェントはモラル無視の生存優先行動、いずれも離脱を意味しない(スカイショックの結果離脱につながる可能性はあるがイコールではない)。 -- 2023-02-20 (月) 11:48:43
      • 忌まわしき指令は、クロビス自身が地球防衛の神になるためにトラベラーを攻撃するプロトコルを修正したもので、軍事衛星を使ってトラベラーを地球圏に強制的に留めるための指令よ。この指令は大崩壊の際に使われそうになったけど、アナがラスプーチンを説得したことで結局使われなかった。だから離脱が単純な条件でもない。ラスプーチンが判断しない限り使用されない。エラミスがこの指令を起動できたのは、熾天使ステーションにバックドアウイルスを仕込んだから。 -- 2023-02-20 (月) 12:00:36
      • え? クロビスが忌まわしき命令の条件からトラベラー離脱を外すように修正したってどこかに情報があったっけ -- 2023-02-20 (月) 12:47:54
      • ↑↑じゃあO判定の時スカイショックが出たのはやっぱり目撃者が動いてトラベラーを動かしたのであってたのか、忌まわしき指令はそもそもかなり前からラスプーチンが独自に考えてたトラベラー離脱を防ぐ為の最終攻撃行動だよーって説明出てなかったっけ、クロビスは関係ないと思うよ今回。やっぱりマッチポンプ作戦であってんじゃねぇかな、大本命はシヴに道開けさせて目撃者が地球侵攻を開始する事だけど -- 2023-02-20 (月) 13:36:34
      • 元々ラスプーチンはクロビスが自身をトラベラーに代わる機械神にのし上がるために作ったAI。そこにアナが人類の文化、知識を学習させたことで、人類を守る事を目的とするAIに進化した。その時に、元々設定されていたトラベラー攻撃用の指令を、人類防衛のためにラスプーチン自身が書き換えた。それが今の忌まわしき指令になる。 -- 2023-02-20 (月) 13:43:22
      • ウォーウォッチによる判定で脅威が更新されラスプーチンに判断を仰ぐ所、ラスプーチンが切り離されてるせいで判定が出来なかった、でルート回避をAIが探ってた所でウイルスが入って来てサイレントベレスが提案されミッドナイトエクシジェント起動、トラベラー抹殺へって感じか -- 2023-02-20 (月) 13:47:06
      • クロビスは関係ないっていうか、クロビスの作戦を書き換えたラスプーチンの作戦を利用されたのが今回の事件ってのが正しい言い方か -- 2023-02-20 (月) 13:53:32
      • クロビスの名が出たのは「忌まわしき指令はトラベラー離脱が発動条件→条件じゃないのでは?クロビスは神化のために忌まわしき指令を使おうとしたけどそれは離脱関係ないよね?」って流れね。今シーズンラストにクロビスは関係ないよ。 -- 2023-02-20 (月) 13:56:30
      • ん?「ラスプーチンが忌まわしき指令を書き換えた」って情報ってあったっけ?クロビスの指令を拒絶したとかそう言う話はあったけど -- 2023-02-20 (月) 13:59:00
      • 今シーズンのムービーでラスプーチン自身が言っている。「クロビスのプロトコルを書き換えて、締め出した」って。そのクロビスの指令=トラベラーを破壊して自身が神になり代わること、だから。 -- 2023-02-20 (月) 14:06:54
      • それはラスプーチンが自身をブラックボックス化してアクセス不能にしたことを指しているのでは?指令の条件書き換えは「締め出した」にはならないよね -- 2023-02-20 (月) 14:12:24
      • でも締め出した後のラスプーチンの主目的はどんな犠牲を払ってでも人類を守る事だった訳だろ?手段は同じだったって言ってるけどプロトコルを発動した際の目的が違う。 -- 2023-02-20 (月) 14:22:05
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 オシリスがピラミッドから回収した種から成長したと言う説もある
*2 熾天使のシーズンの終幕シネマティックより
*3 光の終焉の開幕シネマティックより。同シーンの直後にトラベラーが目撃者に攻撃を仕掛けた


ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS