Top > 暗黒

暗黒
HTML ConvertTime 0.039 sec.

説明 Edit

暗黒(The Darkness)または深淵(The Deep)は、Destinyシリーズを通して語られ続ける最大にして最悪の脅威。
遥か古の時代からトラベラーと敵対してきた宿敵であり、かつて人類が築き上げた黄金時代を「大崩壊」によって終わらせた存在である。
ハイヴ宿られた兵をはじめ、スコーンナイトメアなど、暗黒の力によって誕生した脅威は数知れない。

概要 Edit

概要で最大最悪の脅威と述べたが、暗黒という言葉はエネルギーとしての「暗黒」トラベラーの敵対者としての「暗黒」の2つに分けることができる。

  • エネルギーとしての「暗黒」
    ガーディアンがステイシスという形で活用している暗黒がこれにあたる。
    光と同じく因果を超越することを可能にするエネルギーであり、これ自体はただのエネルギーであるため邪悪な意思は存在しない。
    そして光の加護を受けたからと言って使い手が必ずしも聖人ではないように、暗黒を受け入れたからと言って必ずしも使い手が悪人になるわけではない。
    ナインの言葉を借りれば、光も暗黒も等しく生き残るために利用できる「道具」であり、使い方次第で善にも悪にもなれると言える。
    ただし、光はそれ自体が制御された力だが暗黒の制御は使い手に任されることから、暗黒を使う者は邪悪に堕ちる危険を伴い、使う者には強き意志が必要と指摘されている。

  • トラベラーの敵対者としての「暗黒」
    この宇宙が始まるよりも前に、トラベラーの前身である庭師とフラワーゲームを行っていた農家(The Winnower)を起源とする。
    理解を助けるために述べると、農家と和訳されているが、winnowは本来「ふるいにかける」という意味合いの単語である。
    マラ・ソヴ女王いわく「暗黒に潜む声」であり、虫の神シヴ・アラス、ピラミッド艦隊の全てを統べる存在である。
    多くの文明に繁栄と複雑さをもたらすトラベラーとは逆に、闘争による単純化の果てに「最後の形状」「最終形態」(Final Shape)と呼ばれる唯一の存在が生き残ることを目指している。
    これまでの宇宙ではベックスが常に最終形態として生き残っており、それを覆そうとトラベラーが宇宙に直接参入したことで暗黒もまた宇宙に直接参入した。(詳細はベックスの起源も参照)
    直接のしもべとして虫の神がおり、この虫の神との契約でハイヴは暗黒の従属種となり、更にハイヴの王である邪神オリックスが他種族を暗黒で歪めたことで宿られた兵が生まれた。
    また、暗黒から直接生まれた存在としてナイトメアがいるほか、エリクスニーが暗黒の力によって変異したスコーンがいる。
    ベックスは種族としては暗黒に従っていないが、暗黒を信奉するベックスグループとしてブラックガーデンを拠点とするソル・ディバイシブが存在している。

ピラミッド Edit

巨大な三角錐のような形状をした、無数の黒き艦隊
「大崩壊」より以前から月の深部に1隻が眠っていたほか、カバル大戦におけるトラベラーの覚醒をきっかけとして数多のピラミッドが彼方で目覚めた。


Destiny2ストーリー開始時のムービーではかつて暗黒が襲来した「大崩壊」の様子が映されており、そこではピラミッドと同じ三角形の影がトラベラーに迫っている。
大崩壊ではピラミッドが現れ、1日目で空が暗黒に覆われ、2日目にトラベラーが陥落したという*1
そのためピラミッドはトラベラーの敵対者たる暗黒そのもの、もしくはハイヴ以上にそれに近い勢力であると推測されており、暗黒と同一視する人物も少なくない。


内部は廊下や階段など人間サイズの種族が生活していたと思わしき構造になっており、「黒き艦隊」という呼称が用いられていることから正体は巨大な戦艦であるらしい。
戦艦自体が暗黒エネルギーの巨大な発生源であり、月のピラミッドはナイトメアを生み出し、エウロパのピラミッドはガーディアンやハウス・オブ・サルベーションにステイシスの力をもたらした。


トラベラー同様に因果を超越した存在である。
ゴーストを一時的に洗脳状態にしたり、トラクタービームで補足したガーディアンを中に引きずり込んだり、ラスプーチンの攻撃に耐え逆にシステムダウン・無力化に追い込むなど現時点では圧倒的な力を見せつけている。

ピラミッド・スケイル Edit

ピラミッドの周囲に現れる、小型のピラミッド。小型と言っても20m以上ある。
ピラミッドがラスプーチンに反撃した時は周囲に多数が現れたり消えたりしていた。
役割・性質は一切不明。

ベールに包まれた像 Edit

月のピラミッド内部で初めて発見された、ベールに包まれた女性のような像。
その後ブラックガーデンの奥地でも発見され、ソル・ディバイシブ・ベックスによって守られていた。
エウロパでもこの像がクロビス・ブレイ1世によって永久凍土の中から発見され、「クラリティ・コントロール」と名付けられてエクソテクノロジーに利用された。
詳細は現時点では不明。


ネームドエネミー Edit

関連 Edit

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 敵の言葉の使い方を見ていると勢力としては「深淵 vs スカイ」、エネルギーとしては「暗黒 vs 光」と使い分けている気がする。 -- 2022-03-16 (水) 09:05:41
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 D1では大崩壊の詳細は全く明かされていなかったがD2で判明。多くのNPCが知っていること、つまりピラミッドの存在と大崩壊の経緯は「常識」のようだ


ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS