Top > クルーシブル

クルーシブル(Crucible)
HTML ConvertTime 0.053 sec.

概要 Edit

クルーシブルはDestinyの対人対戦(PvP)モードの事。
シャックス卿が開催している通常のクルーシブル、ナインの使者が開催する週間対戦イベント「ナインの試練」、サラディン卿が開催する期間限定イベント「アイアンバナー」の3種類がある。

クルーシブルの種類 Edit

クルーシブルの中身は大きく以下のように分類されている。

クイックプレイ Edit

対戦ルールはコントロール、クラッシュ、闘魂の3種類があり、この中からランダムに選択される。
比較的手軽なルールでの対戦が楽しめるモードであり、基本的に回線が安定しているプレイヤーでマッチングするようになっている。


 【アップデートによるクイックプレイ全体の変更履歴】

対戦モード Edit

対戦ルールは、カウントダウン、ライフリミットの2種類があり、どちらかがランダムに選択される。
クイックマッチよりも戦略が重要になるルールで対戦するモードであり、基本的にプレイヤースキルを考慮してマッチングするようになっている。


 【アップデートによる対戦モード・ナインの試練全体の変更履歴】

週間おすすめプレイリスト Edit

週替わりで特殊対戦ルールでのクルーシブルを遊ぶことができる。
対戦ルールは、ランブル、カオス、アイアンバナーの順番でローテーションされる。

ナインの試練(Trials of The Nine) Edit

2017年9月15日(金)の深夜2時から解禁されるナインの使者が主催する週間対戦イベント。
Destiny1の「オシリスの試練」に相当するコンテンツ。


詳細は別ページを参照

アイアンバナー(Iron Bannaer) Edit

サラディン卿が開催するクルーシブルイベント。
開催期間中はタワーに現れるサラディン卿から限定装備を取得できる。


詳細は別ページを参照

ルール及びマップ一覧 Edit

ルール
クイックプレイ対戦ルール週間おすすめ時限対戦イベント
コントロールクラッシュ闘魂カウントダウンライフリミットカオス?ランブル?ダブル?ナインの試練アイアンバナー
マップ
収録マップ名称ロケーション
本編市街地地球、シティ
ボストック地球、フェルウィンター山
要塞地球、ヨーロッパ・デッドゾーン(EDZ)
死の崖地球、ヨーロッパ・デッドゾーン(EDZ)
リージョンの渓谷地球、ヨーロッパ・デッドゾーン(EDZ)
無限の谷ネッスス、アルカディア渓谷
遠方の岸辺ネッスス、アルカディアの岸辺
ジャベリン4イオ、軍事衛星発射施設
報いの空火星、上部成層圏
炎の祭壇水星、カロリス盆地
永遠の空間未知の空間
皇帝の休息リヴァイアサン、囚人船
CoOパシフィカ衛星タイタン、干満の碇
虫の安息地衛星タイタン、新太平洋環境都市
煌めきの崖無限の森、過去の水星
灼熱無限の森、ベックスの未来
WM孤独の地火星、ウォーマインド施設ヘラス支部
メルトダウン火星、クロビス・ブレイ特別研究所

Destiny1からの変更点 Edit

  1. 通常プレイできるクリックプレイ、対戦モードの対戦人数は4vs4。6vs6やランブル(個人戦)という対戦モードは、週間おすすめプレイリストでプレイできる。
  2. 各対戦マップのロケーションに名称がつくようになった。これにより、自分・味方・敵の位置を伝達する事が容易になった。
  3. 戦績画面で、キルとアシストの考え方がなくなり、すべて「倒した(Defeat)」の表現で統一されるようになった。
    キルした敵に2.5秒以内で一撃でもダメージを与えていれば、それはダメージを与えた人と実際にキルした人の2名で一人を「倒した」とカウントされる。
  4. 対戦モード・ナインの試練限定で画面上部に参加している対戦メンバーの情報が表示されるようになった。
    具体的には、選択しているサブクラス、デスしているかどうか、スーパースキルが使用可能かどうかの情報が表示される。その他のゲームモードではデス画面時、ゴーストを出した時で確認ができる。
  5. スーパースキルを発動したプレイヤー、パワーウェポンの弾薬を取得したプレイヤーの名前が左下のログに表示されるようになった。
  6. パワーウェポンの弾薬は、ボックスを開けた人のみが取得できる(前作のヘビーウェポンの弾薬は、開けた時にボックスの周囲にいた味方全員が取得できた)
  7. 敵がパワーウェポンを構えている場合、パワーウェポンの銃口が発光して見えるようになった(前作はスナイパーライフルのみ発光)
  8. 武器及びスキルの攻撃力見直しにより、Destiny2では相手を一撃で倒せる攻撃はスーパースキルかパワーウェポンの攻撃のみとなった。
  9. 近接攻撃の威力低下。Destiny1では基本的に近接2発で相手を倒せたが、Destiny2では最低3発必要になった。
  10. 前作で猛威を奮った吸着型グレネードは威力が低下し、吸着させても確殺はできなくなった。

クルーシブル指南 Edit

要修正: 以下はDestiny1に基づく記述です
ルール毎の内容は各ルールに記述します。

  • 基本は団体行動
    味方と連携して集中砲火をすることに徹すればキル数は伸びますし死亡率も減ります。連携=固まることではなく、適度に距離を取って十字砲火、包囲殲滅が理想です。
  • 不利なら逃げる
    基本は有利な時だけ戦う、です。いざという時に逃げるため、開けた場所で身をさらさない、敵の居ない安全な方向を意識するなど常に逃げる準備をしておきます。
  • 得物の特性を理解する
    武器の性能を発揮できる状況で戦います。ヒットボックスの大きさ、減衰する距離、エイムアシストの切れる距離、etc.を正確に把握しなければ中々一対一で撃ち勝つことはできません。
  • ルールを知る
    単に相手を倒せば勝てるわけではありません。Destiny1の暁光のように迂闊に敵を倒しまくると敵が守りを固めてしまい難易度が上がるという場合もあります。ちゃんとルールを理解して戦いましょう。
  • パワー武器弾薬を確保する
    強力な武器であるパワー武器が使える弾薬箱は時間経過(60秒)で弾2つ現れ、各1人のみが拾うことができる。相手に取らせないためにも近くにいたプレイヤーは弾薬を敵から守り、積極的に弾薬を拾いにいきましょう。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 今だに分からないんだけどマッチ終了してからリザルト画面に行くまでの時間にキルしたりキルされたりって戦績に反映されるんですかね、基本挨拶してるんだけど結構キルされるんですよね -- 2018-01-17 (水) 08:20:26
  • 戦績には入りませんが、操作が出来なくなるまでがクルーシブルだという考えの人も結構います。家に帰るまでが遠足! -- 2018-01-17 (水) 15:27:29
  • あんまり気にしないほうがいい。気にするだけ損。敵がいたから倒したとか負けた腹いせに倒したとかそんなテキトーな理由で倒しているだけだから。言っても聞かない。自分も負けた時は挨拶していても狙いに行っている。そんなしょーもない奴らなんだよ -- 2018-01-17 (水) 15:31:53
  • ちなみに対戦モードルールでラウンド終了時の合間の場合、スーパーを貯めるためにどんどん敵を倒しに行くべき -- 2018-01-17 (水) 20:49:47
  • なるほど!みなさん教えてくれてありがとう!反映されないならこれまで通り挨拶するわ〜 -- 2018-01-18 (木) 03:52:58
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White