Top > 製品・DLC情報

製品・DLC情報
HTML ConvertTime 0.069 sec.

あらすじ Edit

仲間と一緒に地球を救うアクションシューティング「Destiny」シリーズに、待望の新作が登場。


人類最後の安息の地が敵司令官「ガウル」率いる強大な侵略軍「レッドリージョン」の手に落ちてしまう。


「ガウル」は人類を守る「ガーディアン」の力を奪い去り、すべてをなくした人々は逃げるほかなかった。あなたは「ガーディアン」の一人として「レッドリージョン」の脅威に打ち勝つため、宇宙を駆け巡って武器を探し、新しい能力を身に付け、散り散りになった「ガーディアン」を再集結させていく。


奪われた故郷を取り戻すための戦いが今、始まった。

本体ソフト: Destiny 2 Edit

nolinkタイトルDestiny 2
ジャンルアクションシューティング
プラットフォームPlayStation®4
発売日2017年9月6日(木)
価格Blu-ray Disc版:7,900 円+税
PlayStation Store(ダウンロード)版:7,900 円+税
CERO「D」(17才以上対象)
開発Bungie
発売元SCEJ
公式連動アプリAndroid版/iOS版

予定表 Edit

項目PS4XboxOnePC補足
β早期アクセス7/19 2:00-7/20 2:00-8/28予約特典。ただし国内PS4では予約不要PS Plus不要。7/17からダウンロード可能
β7/22 2:00-7/24 2:008/29-8/312:00-3:00に奥地にアクセス可能
D2へのクラン変換手続き受付7/25-8/23手順
発売予定2017/9/62017/10/24

機種別比較表 Edit

項目PS4XboxOnePC
fps30fps非固定
解像度2k/Proは4k2k/Xは4k4k可
国内販売あり
本体価格 ¥8532¥8,532
本体+拡張パス-¥11,772
デジタルデラックス¥11,772円¥12,852
先行配信コンテンツあり
その他早期予約特典-テキチャあり
推奨環境

概要その他 Edit

  • 対応プラットフォーム PS4、PC、XboxOne
  • 引き継ぎ要素
    • キャラクターの見た目
    • ヒストリー
      2017/8/1時点の実績に応じたエンブレムを貰える。PCなど他プラットフォームへの引継はなし(PS3からPS4への引き継ぎは調査中)。ほかにも何かあるらしい
      • エンブレム「栄誉ある勝利」
        Destiny1の1年目で勝利の瞬間を1個完了
        栄誉ある勝利.jpg
      • エンブレム「第1級 II」
        Destiny1の1年目で勝利の瞬間を10個完了
        第1級 II.jpg
      • エンブレム「オリックスを制した者」
        Destiny1の2年目で勝利の瞬間を1個完了
        オリックスを制した者.jpg
      • エンブレム「英雄の再来」
        Destiny1の2年目で勝利の瞬間を8個完了
        英雄の再来.jpg
      • エンブレム「若き狼」
        勝利の時代の記録ブックでランク2に到達
        若き狼.jpg
      • エンブレム「サラディンの誇り」
        勝利の時代の記録ブックでランク7に到達
        サラディンの誇り.jpg
      • エンブレム「伝承の研究者」
        Destiny1のグリモアスコアが5000に到達
        伝承の研究者.jpg
    • その他、装備・アイテム・通貨などの引き継ぎはなし
  • ベータ
    各クラスの新サブクラスと既存の3クラス(ガンスリンガー、ストライカー、ボイドウォーカー)。ストーリーミッション帰郷、ストライク反転したスパイア、クルーシブルカウントダウンコントロール
    7/24 2:00-3:00はソーシャルスペース奥地
    成長要素や引き継ぎはないが、参加するとエンブレムを貰える
    nolink
  • 機種別特典
    • PC
      • グラフィックボード購入でDestiny2本体およびβ先行アクセス権
    • PS4
      • ベータ早期アクセス
        海外では予約特典だが、国内では予約不要、PS Plus不要で利用可能
      • 店舗別特典
        ゲオ: ケイド6のフィギア
        アマゾン: 感情表現「敬礼」
      • PS4早期予約特典
        ゲーム内アイテム(エキゾチック武器「コールドハート」、ゴースト外殻「キル自慢のゴースト」)とPS4テーマ
      • PS4先行配信コンテンツ
        他プラットフォームでは2018/秋以降配信
        ストライク 影の湖、船シティ・アペックス、エキゾ武器ボレアリス、クルーシブルマップ報いの空、タイタンアーマー テラ・コンコード、ウォーロックアーマー テセラクト・トレースIV、ハンターアーマー イカロスドリフター
  • 国内エディション
    • Destiny 2 (PS4, XboxOne)
      ゲーム本体。
    • Destiny 2 + 拡張パス (XboxOne)
      スタンダード・エディションに加えて拡張パス(DLC2種)
    • Destiny 2デジタルデラックス版 (PS4, XboxOne)
      Destiny 2 + 拡張パスに加えて、レジェンダリーの剣、レジェンダリーの感情表現、カバルのエンブレム
    •   拡張コンテンツ1 (PS4, XboxOne)
      オシリス関係
    •   拡張コンテンツ2 (PS4, XboxOne)
      ラスプーチン関係
    •   拡張コンテンツパック (PS4, XboxOne?)
      拡張コンテンツ1 + 拡張コンテンツ2
  • 海外エディション
    • Destiny 2 スタンダード・エディション
      ゲーム本体
    • Destiny 2 + 拡張パス
      スタンダード・エディションに加えて拡張パス(DLC2種)
    • Destiny 2 デジタルデラックス・エディション
      Destiny 2 + 拡張パスに加えて、レジェンダリーの剣、レジェンダリーの感情表現、カバルのエンブレム
    • Destiny 2 リミテッド・エディション
      Destiny 2 デジタルデラックス・エディションに加えて、リミテッドエディションスティールブック、カバルがテーマのコレクターズボックス(ブックレット、カバルの設計図、ポストカード、カバルミリタリーポーン)
    • Destiny 2 コレクターズ・エディション
      Destiny 2 リミテッド・エディションに加えて、フロンティアバッグ、フロンティアキット
  • 製品版トレイラー

DLC#1 : オシリスの呪い Edit

  • 発売予定日: 2017/12/5 (日本時間12/6?)
  • オシリスとは、預言者の元弟子、元バンガード司令官、前ウォーロックバンガードでイコラの師。暗黒に興味を持ってその調査にシティーの資源を浪費した上にトラベラーに疑念を抱きシティーを追放されたが、それ以降も危機に備え強力なガーディアンを鍛えている。ベックスに関心があるらしい。
  • 内容
    • ストーリー
    • ランダム生成ダンジョン(水星、無限の森)
      過去、現在、未来がある。ゲートロードと戦う公開イベントVex crossgate、アドベンチャー、失われたセクター追加。
    • 英雄アドベンチャー
      戦闘条件追加
    • ソーシャルスペース(ライトハウス)
      派閥のベンダーは修道士バンス(Destiny1でオシリスの試練を開催していたオシリスの信奉者)。評価を上げるとライトハウスエングラムから装備を得られる。
      キャンペーン後のバンスから11種のLost Prophoecy Verses/The Forge(失われた予言の詩/鍛錬?)を買い、ミニクエストを終えることで武器を得られる。
    • ストライク
      ストライク2つ追加、英雄ストライク追加
    • レイドコンテンツ Eater of Worlds
      リヴァイアサンを拡張。推奨パワー300(威光あり)、報酬パワーはアップ。難易度は高く短めでボスは一新。現レイドをクリアしなくても参加可能。
    • 装備追加、Destiny1エキゾ追加
    • PS4時限コンテンツ(クルーシブルマップ)
    • レベル上限25、パワー上限330+5
  • 『Destiny 2』 拡張コンテンツ第一弾「オシリスの呪い」 (2017/11/1, 日本語字幕)
  • 'Curse of Osiris' - New Stories to Tell Archive(ライブストリーム第一回) (2017/11/15, 英語)

DLC#2 : 名称不明(ラスプーチン関係) Edit

  • 発売予定日: 2018春?
  • ラスプーチンとは人類が黄金時代に作り上げた太陽系全域に渡る防衛システムウォーマインドの生き残り。意思疎通も困難で目的すら不明、ガーディアンを人間とは見なしておらず利害が一致すれば利用するが敵対すれば殺害も辞さない。
  • レイドコンテンツ追加
    DLC1のEater of Worldsと同形式

前作を知らない人向け概説 Edit

(スターウォーズのような)スペースオペラを舞台としたvPとvEを両立させたFPS。

Destinyあらすじ Edit

トラベラー(光)とそれと敵対する異星人(暗黒)の戦いに巻き込まれて人類は絶滅寸前、ガーディアンとして蘇った主人公は暗黒を千切っては投げ千切っては投げ八面六臂の大活躍。こうして太陽系は平和になった。


Destiny2では、カバル帝国の「ガウル」がレッドリージョンを率いてシティーを襲撃、シティーと大事な武器庫が灰となり、光の力も奪われたガーディアンは無力化され窮地に追い込まれる。

Destiny1詳細 Edit

  • 背景
    かつてトラベラーは地球を訪れ人類に大繁栄-黄金時代-をもたらした。しかしトラベラーを追ってきた暗黒との戦いでトラベラーは傷付き沈黙-大崩壊-に陥る。そこから人類が滅亡寸前まで追い込まれつつも人類同士で争う暗黒時代が始まった。しかしトラベラーから生まれたゴーストは死者を蘇生し光を授け、その中でも志ある者が集ってシティーを建築し、数世紀に渡って人々を守り続けるシティー時代が始まった。しかし人類の生存地域は今もなお縮小を続けている。
  • 本体(無印)
    ゴーストにロシア・コスモドロームで蘇生された所から旅を始め、
    • フォールンに支配された地球で、防衛システム(ウォーマインド)ラスプーチンの通信アレイの再起動に成功。
    • 月でハイヴと戦いトラベラーを蝕む儀式を阻止する。謎の人物と出会い、金星に行くよう促される。
    • 金星でベックスに襲われ、謎の人物からベックスの拠点ブラックガーデンに行くよう頼まれる。
    • リーフでアウォークンの女王に助力を乞い、ブラックガーデンへの入り方を聞き出す。
    • 火星でカバルと戦いブラックガーデンへのゲートを起動、ブラックガーデンを平定する。
  • 地下の暗黒(The Dark Below; TDB)
    対ハイヴの専門家エリス・モーンがタワーに帰還し、ハイヴの王子クロタが地球を狙っていることを伝えた。彼女はかつてクロタ討伐を試みた時の唯一の生き残りで、ハイヴの要塞で何年もハイヴを真似て闇に隠れて生き残りその知識を得てきた。主人公は各地に現れたクロタの従者を倒してクロタの魂(クリスタル)を破壊、クロタの玉座に攻め込んで肉体も滅ぼした。
  • ハウス・オブ・ウルヴズ(The House of Wolves; HoW)
    アウォークンは人類から生まれた存在だが、光にも闇にも属さず独立した国リーフを作り中立を決め込んでいた。昔、人類とフォールンの最大の戦争、トワイライトギャップの戦いの際にリーフはハウスオブウルブズ(HoW)を撃破し人類の存続に手を貸した。主であるケルを失ったHoWはリーフの女王に乗っ取られその家臣となった。
    そして現代、アウォークンが主である事を良く思わないフォールン・スコラスが謀反を起し、リーフに甚大な被害を与え、全てのハウスを束ねる伝説のケル王を名乗り各地のフォールンをまとめようとした。家臣の裏切りに激怒した女王は、かつて女王に借りを作った有能なガーディアン(主人公)に狩りを命じた。主人公は女王の望み通りHoWを壊滅させ、最後はスコラスを捕えてアリーナ(エルダーズプリズン;PoE)へと収監した。
  • 降りたちし邪神(The token king; TTK)
    クロタは父であるハイヴの邪神オリックスを呼んでいた。リーフの女王がこれを迎撃しようとするが返り討ちにあい行方不明となってしまう。息子が死んだことを知ったオリックスは激怒し太陽系の各地をオリックスの力(宿り)で汚染し、他種族を洗脳して宿られた軍団を作り出した。各地で宿られた軍団に襲撃された人類は、主人公を派遣してドレッドノートに侵入させ、クロタの魂の残り香を使ってオリックスの領域へと侵入してオリックスを倒すことに成功した。
  • 鉄の章(Rise of Iron;RoI)
    暗黒時代に名を馳せた鉄の豪傑は黄金時代の遺産であるナノマシンZIVAを利用して人類を復興しようとしたが、それを管理するラスプーチンの怒りを買いZIVAによって滅ぼされた。その生き残りサラディンの依頼で調査した所、地球にいるフォールン、ハウスオブデビルズのスプライサー(医療や技術を担う部隊)がZIVAを復活させたことが判明。主人公はZIVAの製造施設を襲撃しこの破壊に成功した。
  • 勝利の時代(Age of Triumph; AoT DLCではなくRoIの大型アップデート)
    主人公の働きで人類に安寧が取り戻された。しかしDestiny2に向け様々な情勢が変化している。
    • 地球にはフォールンの最大戦力ハウスオブキングスが潜んでいたが、地球を脱出している。また、リーフの王子ユルドレン・ソヴがこれに接触している。
    • オリックス襲来の際にドレッドノートに攻撃を仕掛けたカバルは多くの士官を失い救難信号を本星に送った。またカバルはガーディアンの蘇生能力や黄金時代の遺産に強い関心を持っている。
    • 体が半ベックス化されたガーディアンとそのゴーストが発見されている(Destiny2のアシェル・ミル)。その知人であるエリス・モーンはそれを見て来るべき危機に備えるためタワーを離れた。
    • ハイヴは目立った動きを見せていないが、オリックスの残した宿りの汚染は消えておらず、またオリックスの2人の姉妹の邪神、王子クロタと対等な格を持つ名称不明のナイトがいることが分かっている。また、リーフはアリーナに捉えた個体から宿りの力の利用法を研究しているようだ。
    • かつて最強のガーディアンだったドレドゲン・ヨルは暗黒に傾倒し最後は死んだが、ドレドゲンの名を継ぐ者たちがいる。
    • 防衛システム(ウォーマインド)・ラスプーチン以外にも別惑星に向かったウォーマインド・タイラントがいる(?)。彼の指示で黄金時代にZIVAがどこかに持ち出されている可能性がある。
    • 謎の人物はその後の接触はない。しかし宗教派閥FWCが彼女の銃(おそらく時間遡航と思われる痕跡のある銃)に類する物を持っていると判明、FWCは金星のベックス研究施設とも関係があるようだ。
    • 水星には暗黒、とくにベックスに魅入られたウォーロック・オシリスがいまだに潜んでいる。彼は預言者と敵対しつつも暗黒に立ち向かうガーディアンを育成している。
    • リーフは女王を失い王子が実権を握った。王子はフォールンとの接触、宿りの力の研究に加えて、機械兵クロウや正体不明の大規模兵器ヘラルドを有している。
    • Destiny1初期からガーディアンにエキゾチック武器を販売したナインとそのエージェント・シュールについては未だ何も分からない。

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/製品・DLC情報? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White