Top > カバル

カバル
HTML ConvertTime 3.476 sec.

説明 Edit

「崩壊した世界の跡を辿れば、奴らの拠点に辿り着くに違いない」


カバルは無慈悲な上に、統制が取れており、効率的に戦術を用いる。太陽系で知られている勢力の中でも最強を誇る。その起源と最終目的は謎に包まれているが、人類が知っているよりも多くの世界を制圧してきたのだろう。


カバルの兵士は、母星の高重力環境を再現する与圧アーマーを着用している。その戦術は航空戦力、精鋭歩兵隊、超重装甲兵の支援を受けたリージョナリーに依存する(グリモアより)。



「体重350kgを超え高度に武装、惑星や衛星を簡単に破壊する力を持っています」 - ゴースト

生態 Edit

(広義の)カバルは、サイオンと(狭義の)カバルに分けられる。


サイオンは人間サイズで高い知能を持ち俊敏な動きと超能力アークブラストを用いる。カバルと共生しているがどのような関係かは不明。


(狭義の)カバルは、人間よりも二回りも大きな巨体を持ち、それを覆う重装甲の下は母星環境を再現するためジェルで与圧している。中でもコロッサスはさらに大きな体を持つ。
その腕力はすさまじいが、視覚と聴覚は鈍い。
性格は平たく言えば「律儀な脳筋」。撤退という言葉が無い、力のある上官が前線に立つ、弱腰の上官を裏切る、と力による支配と従属を重んじる。また建築物は明確な目的を持って古典的な手法で建築し一度作り初めると途中で止めることはない、と一度決めた計画は徹底的に行う。
暗号化技術に劣っており侵入者をあまり気にしないという大雑把な面はあるが、武器の扱いはガンスミスも高く評価するほどでガーディアンの蘇生システムを消耗戦能力と評価・理解するなど知能が低いわけではないようだ。

組織 Edit

リージョナリー、ファランクス、コロッサス、サイオン、センチュリオンなどのクラスがある。
また上級士官は下から順にブラカス、バル、バルス、プライマス、ドミヌスという格を持っている。
例えば、プライマス・ターウンはプライマス格のセンチュリオンであり、バルス・タークはバルス格のコロッサスである。


バルスもしくはプライマスはそれぞれ部隊を率いている。部隊は以下のとおり。

  • レッドリージョン (指揮官: ドミヌス・ガウル)
    Destiny 2でシティーを強襲した大部隊。
  • サンドイーター
    太陽系に派遣された偵察部隊の主力。主に火星に駐留している。
  • ダストジャイアント
    サンドイーターの中から選りすぐられたベテラン部隊で、機動強襲を任務としている。
  • シージダンサー(指揮官:バルス・ターク - 死亡)
    占領や奇襲を得意とするエリート部隊。
  • ブラインドリージョン (指揮官: プライマス・シャウール - 死亡)
    地下などでベックスと戦闘するなど危険な任務を負っている。
  • スカイバーナー (指揮官:プライマス・ターウン - 死亡)
    フォボスに駐留していた部隊。Destiny 1 TTKでオリックスが現れた時に、本国からの命令で司令部の艦「ダンタリオン・エクソダスVI」をオリックスの母艦ドレッドノートに突入させ、侵攻の足がかりとした。しかしその後は劣勢が続き、指揮官のターウンはオリックスに宿られ、副官二人はガーディアンに殺されている。

クラス Edit

Destiny1で太陽系に駐在していたのは偵察部隊であり、侵攻・戦闘を目的としたレッド・リージョンはそれよりも格段に優れた構成・装備を有している。

兵器 Edit

  • オールマイティ(The Almighty)
    ドミヌス・ガウルが長年の研究の果てに開発したレッドリージョンの最終兵器。
    惑星を丸ごと砕いて燃料とし、強力なビームを恒星に照射することで強制的に超新星爆発を起こさせ、星系ごと吹き飛ばすという凄まじい兵器。
    仮にオールマイティを破壊しようと、起動した時点で恒星の磁束帯と連動しているため、オールマイティの道連れになる形で超新星爆発が起こってしまう。
    ガウルはこの最終兵器によって数多の世界を滅ぼしてきた。
  • リヴァイアサン(The Leviathan)
    カルス皇帝の王宮でもある、惑星を遙かに超えるほどの超々巨大戦艦。
    規格外の巨体を誇ったドレッドノートの更に数倍、数十倍以上の大きさを持つと思われ、「世界を喰らう船」という異名の通り、前面にある巨大な開口部で惑星や衛星を飲み込んでしまう。(ネッススなどは開口部にスッポリと収まってしまう。)
    カルス皇帝の王宮は前面上部に存在し、内部は一面が黄金で彩られている。
    その外見から、プレイヤーには宇宙ナマズとも呼ばれている。

車輌 Edit

  • ゴリアテ(Goliath)
    大型戦車。装備はチャージを要する大威力の主砲、短射程の近接防御用の機銃、周囲に撒くミサイル、砲弾をばらまくタレット、4機のスラスター。
    恐ろしく頑丈な上に機動力も高く、近接防御手段が豊富で接近戦を挑むのは自殺行為。高い機動力はスラスターを破壊することで封じることができる。
  • ハーベスター(Harvester)
    強襲揚陸艇。高高度から急速降下して兵を下ろして再び急上昇で離脱する。
    左右の下部ドアを開くとそれぞれ3機の降下装置がありそこから兵を降下させる。
    また、正面下部のソーラー属性の主砲で降下を支援する。
    Destiny2では母艦からのカプセル射出が主流となったため、見なくなった。
  • インターセプター(Interceptor)
    小型の戦闘車輌。運転席はカバルが乗れるサイズではなく、案の定サイオンが乗っている。
    機動力はパイクやスパローに劣るが、左右にある主砲は威力とダメージ半径に優れており、ダッシュによる体当たりは非常に高い威力を誇る。
    主砲が左右交互に打ち出されるタイプと、主砲が左右両方同時に打ち出すタイプがある。
  • スレッシャー(Thresher)
    Destiny2から登場。空中に静止して地上に3連誘導弾を撃つ、ハーベスターよりも小型の飛行兵器。

装備類 Edit

  • ジャンプパック
    カバルの標準装備。長距離ジャンプで前線を短時間で構築したり、水平に短距離移動したり、近接攻撃を空中から仕掛けたり、と様々な機動を実現する。
  • スラグショットガン
    アーク属性の散弾
  • スラグランチャー(Destiny2)
    アーク属性の散弾。コロッサスが装備しておりスラグショットガンより威力が高い。
  • スラグライフル
    ソーラー属性の速射可能なライフル。
  • スラグランチャー(Destiny1)
    ソーラー属性の炸裂弾。

  • 左腕に仕込んでいる。リージョナリーの場合はソーラー属性、センチュリオンの場合はボイド属性。またリージョナリーの剣は刃を射出してグレネード代わりに使うことができる。
  • プロントキャノン
    Destiny2のセンチュリオンが装備している、ボイド炸裂弾を打ち出すナックル型の銃。
  • クラスターミサイル
    コロッサスが背中に装備している、アーク属性の誘導弾。閃光効果がある。
  • シールド
    Destiny1のファランクスが装備していた。全ての攻撃を遮蔽し、打撃に使うと強力なノックバックを発生させる。
  • ビームシールド(?)
    Destiny2のファランクスが装備している。未展開状態 - 展開状態 - 大型展開状態の三段階に広がり、ビーム部分は敵の弾丸を通過させる。
  • ヘッドハンター
    Destiny2のサイオンのソーラー属性の狙撃銃。レーザーポインターで照準を定めてから撃ってくる。
  • セベルス
    グラディエイターが両手に装備している鉈。
  • マグマバーン
    インセンディオの火炎放射器

ネームドエネミー Edit

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • あれでも偵察部隊だったのか -- 2017-09-15 (金) 02:08:38
  • タリ・ジームと聞いて -- 2017-09-15 (金) 15:00:00
  • 実は背面部のジャンプパック(光ってるとこ)も弱点で、ヘッドショットよりダメージ高い件。 -- 2017-09-23 (土) 22:26:14
  • あんだけゴツイ体してても首絞め10数秒で逝っちゃうのね…生物的には人類と一番近いのか。 -- 2017-11-12 (日) 00:17:51
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White