Top > 武器

武器
HTML ConvertTime 0.052 sec.

武器について Edit

PC版、かつマウス操作を行う場合にのみ武器の反動が軽減される。

装備スロット Edit

キネティック、エネルギー、パワーの3箇所に武器を装備できる。


キネティックは属性なし、エネルギーは属性付きで、これが主力となる
それぞれにスカウト、オートライフル、ハンドキャノン、パルスライフル、ピストル、SMGがある。


パワーは弾数が限られるものの高火力の武器。
ショットガン、スナイパーライフル、フュージョンライフル、ロケラン、グレネードランチャー、剣がある。

攻撃力と威力 Edit

平たく言えば、攻撃力とは「どの程度の強さか」で、威力は「威力型かレート型か」を表す。


攻撃力は高ければ高いほど強い敵相手でもダメージが出る。
それに加えてパワー(攻撃力と防御力の平均値)が上がることで、被ダメージが減って与ダメージが増える。


威力は高いほど単発の威力、低いほど連射力に優れているだけであり、強さとは無関係。
威力が高くレートの低い武器を威力型もしくは低レート型、その逆をレート型もしくは高レート型と呼ぶ。
一般的には威力型の武器は1マガジンあたりの総ダメージ量に優れており継続火力が出やすく、レート型は反動が小さ目でエイムアシストが高め。

射程 Edit

射程はいくつかの影響がある。

  • エイムアシストが有効な距離。射程外ではエイムアシストが効かなくなる。
  • ダメージ減衰が始まる距離。離れるほどダメージが低下し、最終的には一定の値(最低ダメージ)となる。
     例として、射程40のオートライフルでは20mほどで減衰が始まるが、射程76では35mほどでようやく減衰しだす。
  • 射程距離が長いほど命中精度が良くなり、弾のバラつきが減る(集弾率が上がる)。

エイムアシスト Edit

武器ごとにある隠しパラメータで、射程内に限り3つの効果を持つ。

  • 照準が敵に吸い付く。
  • 敵を照準で捉えた時感度が下がる
  • 精密射撃となる範囲(ヒットボックス)が大きくなる。

ハンドリング Edit

ハンドリングは三つの要素を決める(参考)。

  • 準備時間:武器を構える時間
  • しまう時間:武器を収める時間
  • 照準時間:銃を構えたときにズームが切り替わる時間

その結果、照準を覗くため要する時間、武器切替時に次の武器を使用可能になるまでの時間が決まる。

ズーム Edit

照準を覗くとズーム状態で表示され、その状態で反動と集弾半径が計算される。
このため照準を覗いていないと反動と集弾半径が大きくなってしまい、ズーム倍率の高い武器ほど照準を覗いている間の反動と集弾半径が小さくなる。

武器種別 Edit

  • キネティックウェポンの特徴
    • 攻撃属性はキネティック(無属性)のみ。
    • 敵の属性シールドを破壊する能力はエネルギーウェポンに劣る。
    • シールドを纏っていない敵に対するダメージがエネルギーウェポンよりも高い。
    • フィールドに落ちている白い弾薬で弾を補充する。

  • エネルギーウェポンの特徴
    • 攻撃属性は、ソーラー、アーク、ボイドの3種類がある。
    • 敵が纏っている属性シールドを破壊しやすい。こちらの攻撃属性と敵のシールド属性が一致している場合、シールド破壊時に爆発が起き追加ダメージを与える。
    • シールドを纏っていない敵に対してのダメージはキネティックウェポンに劣る。
    • PvPにおいては、スーパースキル発動中のプレイヤーに対してキネティックウェポンよりも効果的にダメージを与えられる。
    • フィールドに落ちている緑の弾薬で弾を補充する。

  • パワーウェポンの特徴
    • 武機種がキネティック/エネルギーウェポンとは異なっており、上手くヒットすれば敵を一撃で倒せる威力を持っている。
    • 攻撃属性は、ソーラー、アーク、ボイドの3種類。キネティック(無属性)はない。
    • フィールドに落ちている紫の弾薬で弾を補充する。ただし、パワーウェポンの弾薬ドロップ率はキネティック/エネルギーよりも低い。
    • PvPでは一定時間ごとに解放されるパワーウェポンのボックスから弾を補充する。ボックスを開けた人しかパワーウェポンの弾薬は入手できない。

キネティック/エネルギー Edit

  • オートライフル
    通称AR。
    オートマチックが標準装備で連射力が高いが、ダメージ距離減衰が起こりやすく精密射撃時の威力上昇が低めの武器。
    この特性から近距離で動きながら当てつづけるような使い方に向いている。
    中距離以遠では性能が大きく落ちるが、安定性と射程のパラメータの高い装備ではこれが緩和される(安定性が高いほど遠距離でも精密射撃しやすくなり、射程が長いほどダメージ距離減衰が起こりにくくなる)。
  • スカウトライフル
    通称スカウト。
    スコープ倍率高めで射程も長く精密射撃時の威力上昇が高いが、連射速度が遅めの武器。
    この特性から遠距離でリズミカルに精密射撃を当てつづけるような使い方に向いている。
    近距離ではADSで当てにくくなるため使い勝手は他武器に劣る。
  • ハンドキャノン
    通称HC。
    単発の高い威力、高いエイムアシスト、精密時の威力上昇を誇るが、連射速度が遅くダメージ距離減衰が起こりやすく有効距離が短い武器。
    この特性から近距離で精密射撃を正確に当てるような使い方に向いている。
    中距離以遠ではエイムアシストがかからなくなり命中精度が激減するが、射程のパラメータの高い武器ではこれが緩和される。
  • パルスライフル
    通称パルス。
    三点バーストで射程はそこそこあり威力もそこそこな武器。
    という説明を聞くと無難な武器に聞こえるが、中途半端な性能なために近距離ではARとHCに負け、中~遠距離ではスカウトに負ける。相手の武器に合わせて戦う距離を調節する必要がある
    安定性が高いほど高い威力を発揮できる距離が伸びて中遠距離で有利になり、射程が長いほどダメージ距離減衰が小さくなるため遠距離でも有利になる。
  • ピストル
    英名はサイドアーム、つまり補助武器。
    制止力と連射力が高く、リロードや武器の出し入れもかなり早いが、射程が低い武器。
    この特性から、敵に寄られた時にとっさに取り出して足止め・撃破するような使い方に向いている。
  • サブマシンガン
    通称SMG。
    射程は短いが連射力の極めて高い武器。至近距離で使うのに向いている。

パワー Edit

  • スナイパーライフル
    通称SR。
    高い単発威力と射程により高DPSを発揮する武器。
    雑魚相手のような一対多では役に立たないが、ボス相手のような敵一体に集中攻撃する場合に突出して高い性能を発揮する。
  • ショットガン
    通称SG。
    近距離で高い単発威力を発揮する。
    敵に接近するリスクは小さくないが、距離が離れると集弾半径が大きくなることとダメージ距離減衰で威力が激減するため役に立たない、というハイリスクハイリターンな武器。
    このため射程が長くてダメージ距離減衰が起こりにくく、パークによって集弾半径が小さめの武器(=長距離でも高いダメージを維持できる武器)は非常に有用。
    なお安定性は発射時の照準の跳ね上がりの大小に影響するだけで、集弾半径には影響しない。
  • フュージョンライフル
    通称FR。大きく分けて通常のフュージョンライフルとリニアフュージョンライフルに分けられる。
    トリガーを引きつづけることでチャージし、チャージ完了と同時に発射する。通常であれば複数の弾丸を同時に円錐形の範囲に発射する、これには精密判定がない。リニアFRは高威力の
    弾を一発だけ撃ち出す。
    通常のFRはvEでは多数の雑魚をなぎ払うような使い方やボスに全弾を当てるような使い方、vPではチャージしながら敵の眼前に移動して一発で倒しきるような使い方、と場合によって様々な運用ができる。離れると集弾半径が大きくなって命中率が下がるため、安定性が高い(=集弾半径の小さい)武器が望ましい。また、威力とチャージ時間が使い勝手に大きく影響するため、チャージが長いが一発の大きい威力型か、チャージが短く一発の軽いレート型かは悩みどころ。
    リニアFRはスナイパーライフルに近いが、チャージがありスコープ倍率低めになっている。
  • ロケットランチャー
    通称ロケラン。
    対雑魚の花形武器。
    大威力、広範囲、長射程の武器。ただし、弾数は限られ爆風が自分に当たるため自爆リスクがある。
    オートライフルやスカウトライフルのように瞬間的に着弾しないタイプの武器なので、弾速が高いほど遠距離での命中率は上がる。
    また直撃時のダメージは固定だが、爆発半径が大きいほど広範囲の敵にダメージを与えることができる。

  • 近距離に制限されるが高威力な近接攻撃を連続して使用でき、携行弾数が多く、リロード不要で、ガードも可能。
    ガード時には弾を消費(得に攻撃属性と一致した場合は大きく消費)し、弾数がゼロになると攻撃が貫通してしまう。
  • グレネードランチャー
    グレネードは新種の武器で、ロケランと比べると装弾数がかなり多いが爆発範囲や威力は控えめ、手動で曲射して当てるという中距離特化した性能。

改造パーツ Edit

エキゾチック武器およびレア以上のキネティック武器には「武器の攻撃力付加装置(レジェンダリ)」を装着でき、攻撃力を5増加させる。入手手段はブライトエングラムや銃機技師パッケージから極極稀に、銃器技師の改造パーツ作成で比較的高確率に入手できる。


エネルギーウェポンおよびパワーウェポン(エキゾチック武器を除く)には「属性(ソーラー、アーク、ボイド)のダメージ付加装置」を装着できる。レアは武器属性を変え、レジェンダリはそれに加えて攻撃力を5増加させる。レアの入手手段はブライトエングラム、銃機技師パッケージ、銃器技師の改造パーツ購入。レジェンダリの入手手段は一番容易なのはレア3つから合成すること。

シェーダー Edit

レアとレジェンダリの武器にはシェーダーを適用できる。

装飾 Edit

エキゾチック武器には装飾を適用できる。装飾はシェーダーと違い消耗品ではなくエンブレムや感情表現と同じ「アンロック」。入手した装飾(アイテム)を捨てても(固定解除しても)、一度入手した装飾は回数制限なしに適用できるようになる。その一方でコレクションなどには表示されないため、入手済のものを一括表示することはできない。