Top > ハイヴ

ハイヴ
HTML ConvertTime 0.032 sec.

説明 Edit

「我らの死に行く希望に飢えた悪夢が影から姿を現す」


ハイヴは太古から息づく邪悪な存在である。その光に対する敵対意識は、単なる嫌悪を超えている。ハイヴにとって、光と暗黒の終わりなき戦いは単なる戦争ではない――光を食らい尽くし、暗黒が宇宙を取り戻すための聖戦だ(グリモアより)。



「オムニガルは死を巻き戻した」「死を巻き戻した!?テープを巻き戻したみたいな言い方だな」「ふざけていてはエリスに怒られる」「だから呼んでないんだ」 - イコラ&ケイド6

歴史 Edit

オリックスらの三姉妹はファンダメントと言う世界に住むハイヴの勢力の一つオズミアムの王子だったが、タオックスの裏切りで敵対勢力ヘリウムに乗っ取られ放浪することとなった。
虫の神と契約して力を得て祖国を取り返し、ハイヴを今の姿に進化させた。しかし、虫の力を得た代償として光を喰らうために破壊と侵略を続けなければならなくなりトラベラーの敵対者となった。そして超因果律兵器を授けるトラベラーと戦うため魔力とも言える因果律を破壊する力を虫から授かる。虫の神をも殺し暗黒と直接対話するための秘密(破滅の石版)すら得て、神オリックスへとなった。
オリックスは、常に互いを殺そうと狙いあっている姉妹達(※ハイヴの愛情表現です)から玉座の世界(オリックスを本当の意味で殺せる世界)を守るため、世界を反転させドレッドノートと一体化させて隠した。


大崩壊以降の太陽系では、悪さをして追放されたオリックスの子・クロタがガーディアンを撃退し月に拠点を築いた。Destiny 1で主人公がクロタを倒したことを受けてオリックスがドレッドノートに乗って現れたが、これも返り討ちにした。

生態 Edit

最大の特徴は「死」の概念が異なる事。オムニガルは自ら死を巻き戻して復活したり、オリックス三姉妹は互いに殺し合っていたが自分の支配域外での死であれば本当の死とならなかったり、さらには自分の支配域で死んでもオリックスの力で生き返ったりと、魔術で何でもアリな所がある。


ハイヴは体内に白い虫を宿している。この虫は本来数年の寿命しかないハイヴに長寿と力を与える。強固な外骨格を持つナイトもツメしかないスロールも全ては同一の種である。スロールは虫を育てることでアコライトとなり、虫に十分な力を注ぐとナイトやウィザードになる。
その一方で、虫は常に飢えをもたらし、虫に光を食わせつづけないと死ぬ上、食わせるほどさらに多くの餌を求める。この虫は神オリックスが虫の神と契約して手に入れた物であり、オリックスは飢餓の問題を組織的な手法-末端は過度な餌を食べぬよう、上納する-で克服した。


性格はオーガに苦しみを与える事で強化するなど、残忍で血塗られた物として描かれている。兄弟で殺し合った結果意味もなく衛星を丸ごと破壊したことがツボにはまって大笑いするという、破滅的で理解困難な面もある。

装備 Edit

母艦であるドレッドノートは巨大なだけでなく艦隊を一撃で吹き飛ばす主砲、リーフの秘密兵器ヘラルドを防ぐ魔術、爆発すると太陽系を道連れにする動力源を持つ。


兵力の輸送手段はトゥームシップ。
トゥームシップは兵力を落下させずに地表に直接ワープさせるので、ガーディアンに着地際や降りる準備中を狙われ一網打尽、というケースが起りにくい。
また、4門の支援用の砲台は弾速こそ遅いものの誘導性があり、左右両舷に分散しているため1門しかないハーベスターや2門隣接しているスキフよりも避けにくくなっている。


アコライトのシュレッダー(銃)、ナイトのソードとブーマー(榴弾)に加え、スロールの爪、カースドスロールの自爆、ウィザードのエネルギー弾、オーガのアイブラスト(目からビーム)など身体能力としての武器を持つ。固定砲台のシュリーカー、上を通った敵を捕まえる罠(名称不明)も兵器の一つ。


彼らは「剣の理論」を持っており、アセンダントソードを始め色々な剣を使う。
これは一方的に被害を与えるだけの銃と違い、剣は敵と自分をつなぐ橋であり力を循環させることで敵を倒すほど剣が強化されていくという理論。
特にオリックスの息子クロタの影響下ではこれが顕著で剣でしかダメージを受けない敵すらいる。


特殊な攻撃手段としてはデスシンガーの使う「死の歌」がある。詠唱に時間はかかるが、ガーディアンを即死させることが出来る。
オリックスの娘たちは織り手の歌、紡ぎ手の歌を歌う。死の歌との違いは不明(ただ、2人の娘が互いの歌を無効化できるフィールドを持っている)。クロタが操る「オーバーソール」は姉たちが編み出した肉体と死を分かち不死とする技術で、破滅者のトーテムもオリックスの娘達の生み出したもの。
破滅の石板はガーディアンを暗闇状態にする兵器ではあるが、これはオリックスが暗黒(深遠)と会話をするため虫の神を殺して得た知識を刻み込んだもの。

組織 Edit

神オリックスが存命の時はトップにおり、強力なナイトやウィザードが部隊を率いたことは分かっている。黒剣アラークハル(ナイト)とべロック(ウィザード)、キシオール(ウィザード)とその伴侶のナイトのように、つがいとなって部隊を率いることもあるようだ。またオリックスの死後、反旗を翻すものや後継者を狙う者、オリックスの妹二人などがおり、混沌としており詳細な体制は不明。


オリックス配下は以下のような組織に分けられる。

  • ヒドンスワーム
  • スポーンオブクロタ
  • オリックスブラッド
  • 亜空間ハイヴ?

厳密にはハイヴではないが、宿られし軍団がいる。これは、オリックスがハイヴだけでなく拉致したフォールン・ベックス・カバルに力を授けて仲間として引き入れたもの。オリックスが死んだ後も宿られの汚染が広がり続けている。

ネームドエネミー Edit

  • アビサル・ソーサラー?
  • アビサル・チャンピオン?
  • ウバラ・ハイヴプリンス?
  • ガルムルグ?
  • サバスンの歌
  • ハンガリング・オーガ?

関係人物 Edit

  • エリスモーン
    クロタ討伐に失敗してから、ハイヴのように闇に潜むことで数年ハイヴの要塞内に残った。イコラ直属のガーディアンとして活動しており、光もゴーストも失っているが千里眼や転送と言った特殊能力を有する。ハイヴへの憎しみと知識が深い。
  • オリックス(アウラッシュ、オラッシュ)
    ハイヴに虫をもたらし大きく発展させた国王にして、頂点に君臨する神。好奇心を好む。マインドブレーカーと呼ばれる剣を携え、ガーディアンが光を操るのとは逆に、暗黒に由来する宿の力を操ることが出来る。クロタの仇を討つために太陽系に侵入し、他勢力をも手中に収めるなどの前例のない規模の事態を引き起こすも、最終的にガーディアンとの決戦の末敗れ去る。なお、彼自身はドレッドノートから一歩も出ることはなく、自らのエコーと宿られた兵を使い間接的に侵攻していた。
  • サバスン(サソナ)
    オリックスの妹(次女)。謀略を好むウィザード。オリックスと異なる道を進むためブラックホールへと消えた。
    本作では様々な状況証拠から、オリックスの玉座を受け継ぎ、ハイヴ並びに宿られた兵を統べる新たな「邪神」になったことが仄めかされている。
  • シブ・アラス(シイ・ロ)
    オリックスの妹(三女)。戦いを好むナイト。オリックスと異なる道を進むため夜へと消えた。
  • クロタ
    オリックスの子。サバスンに騙されてベックスゲートを開いたバカ息子っぷりにオリックスが激怒、「死ね!」とベックスゲートに投げ込まれた。過去に飛ばされたクロタは戦い抜いてトラベラーを追い月に来て大量のガーディアンを殺戮した。Destiny 1で主人公に叩き斬られて死亡。
  • ノクリス
    オリックスの息子クロタと並んで像を建てられていた正体不明のハイヴ。
  • タオックス
    オリックスの祖国を乗っ取った犯人。虫の力を得たオリックスに敗れ、トラベラー配下のアンモナイトなどの元を経て逃げ延びた
  • キュリア・ブレードトランスフォーム
    かつてクロタが開いたゲートを通して、無数のベックス軍を率いてオリックスの王国に侵略戦争を仕掛けた強力なベックス・ハイドラ。
    オリックスとの一騎討ちで敗れ、その機体は宿られた上でサバスンに贈り物として手渡された。
    本ゲームに登場する、サバスンが率いると思われし宿られた兵の中には「キュリア」の名を冠する個体が存在し、関連性を匂わせている。

関連 Edit

フォールン|ハイヴ|カバル|ベックス

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 某STGの影響で知ったことではあるが、虫を崇めて長寿を得るとかまさに常世神っぽいな… -- 2017-10-13 (金) 07:26:58
    • クロタのソードベアラーとゲートキーパーは赤鬼・青鬼だと思ってた -- 2017-10-13 (金) 19:27:47
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White